40歳になったら必要な「キャリアの棚卸し」

――早期退職の募集も珍しくない時代、よく「キャリアの棚卸し」をすべきだと聞きます。

「40才になったら、この先10年、20年を、どのように働きたいか考えるべきです。税理士の勉強をするもよし、大手から会社の規模を変えて働くもよし。これまで培ってきた経験やキャリアを生かして、別の分野での活躍を目指す『キャリアの二毛作』を始めましょう」

「40歳前後というと目の前のキャリアが順調に進んでいて、実務もマネジメントも忙しく、『キャリアの棚卸し』と言っても考えづらいかもしれません。でも、ずっと働き続けてきた会社で50歳になって突然『これからどうしますか』と聞かれても戸惑うでしょうし、30年間営業一筋で働いてきたような人が、新しい仕事をするのは容易ではありません。この先、家族構成も体力も立場も変わることを見据え、キャリアの棚卸しを進め、視野を広げましょう。まずは自分の強みや弱み、実務の中での課題を把握してみてください」

――どのような姿勢でいれば転職が決まりやすいですか。

「将来のビジョンや目標を明確に描けていることです。いくら企業研究をしても、自分自身のことを語れないと採用担当者は興味を持ちません。何をやりたいか、そのためにどういう努力をしているか、という姿勢を見せることが重要です。年収を上げたい人もいるかもしれませんが、どのように自分が貢献できるかという点がまず先になければいけません」

「金融業界一筋で長く働いている人は、知らず知らずのうちに視野が狭まっているかもしれません。ヘッドハンターを積極的に活用し、アドバイスを聞くといった柔軟な姿勢も意識するとよいでしょう」

――金融業界で働く人材には、今後どのようなことが求められますか。

「金融は『経済の血液』であり続けると思いますが、ビジネスの方法は変わっていくでしょう。対面の店舗がすべてネットに変わったり、今は新規事業と言われているフィンテックのようなビジネスモデルが主になったりという可能性もあります。そのように形態や方法が変わったときでも、自分のキャリアを金融業界のなかで築き、力を発揮できるように努力し続けることが必要です」

「そもそも金融は取るべき資格が多く、学び続けなければいけない業界です。リモートワークを生かしてオンラインでMBAや資格を取得するという選択肢が、より現実的に考えられるようになりました。一人一人がスキルアップしていくという意欲や気概を持つことが大切です。その集合体が、金融の新しい形をつくっていくのだと思います」

原田美穂

野村証券、UBS証券などにて25年間、大手機関投資家向け営業に携わった経験を持つ。2016年から株式会社コンシェルでエグゼクティブコンサルタントとして従事。金融、コンサル業界を専門に、キャリアコンサルティングを行っている。

(日経転職版・編集部 木村茉莉子)

「あしたのマイキャリア」の記事一覧はこちら

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから