正月のおせちを缶詰だけで ワカサギの田作りや黒豆も黒川博士の百聞は一缶にしかず(9)

田作りに見立てたワカサギの甘露煮缶詰

2021年も間もなく終わる。1月のバイデン米新大統領就任に始まり、東京五輪・パラリンピックの開催、菅内閣から岸田新内閣への移行や原油価格の高騰に加え、新型コロナウイルスの変異株・オミクロン株出現と、実に様々な出来事が続いた1年だった。新しい年を迎える前にちょっと息抜きをしてもバチは当たるまい。そこで正月のおせち料理を缶詰だけでまかなうという前代未聞の企画を考えたのであります。

缶詰は数ある加工食品の中でも、食材の豊富さでいえばナンバーワン。うまく選んで組み合わせれば、ジョークとはいえ正月らしい食卓になりそうな気がする。「おせち作りは大変なので敬遠したいが、雰囲気だけは味わいたい」というひとり暮らしや夫婦2人世帯などには参考になるかもしれない。

木の屋石巻水産「わかさぎ甘露煮」(140グラム、430円)

まずは田作りから。カタクチイワシの幼魚を干したものを、砂糖としょうゆ、みりんなどで甘辛く煮たものだが、その昔、田んぼの肥料にイワシを使ったところ豊作になったことから「田を作る」という意味で、その名がついたといわれている。また、幼魚をたくさん使うことから子孫繁栄の願いも込められている。本来はカタクチイワシを使う料理だが、ここはひとつ、ワカサギで代用してみよう。

木の屋石巻水産(宮城県石巻市)の「わかさぎ甘露煮」は、甘さを出すために砂糖と水アメを使っている。水アメには保湿作用があるとされ、ワカサギの身がしっとり柔らかく仕上がっている。表面の輝くような照りも水アメのおかげだ。オス・メス両方が入っているので、卵を持ったメスを食べるとぷちぷちした食感が心地良い。思わず「当たり!」と叫びたくなる。

次のページ
あっさりとした料理の合間に「いい刺激」