カタカナスシはすしにも店にも遊び心 「映える」一貫

「魚学マニア スシンジュク」の外観

2021年に入って、にわかに注目され始めた外食分野がある。カタカナスシと呼ばれる、カタカナで店名を表記している寿司(すし)店。簡単に言うと、すし居酒屋のカジュアル版なのだが、プレゼンのうまさとお得さで、20代から30代の若年層、特に女性に人気だ。「スシエビス」「スシンジュク」「シチフク」といったすし店が次々とオープンしている。

「魚学マニア スシンジュク」(東京・新宿)に、早速潜入する。新宿三丁目交差点からやや四谷寄りの路面店。ホームページによるとオープンは午後4時とあったので、満を持して店を訪れた。すると、その日はテレビの取材があり、開店は午後6時からとのこと。「うーん、運が悪い」。仕方がないので、昼からやっている「旬鮮酒場天狗」を展開するテンアライドが手掛ける立ち飲み店「神田屋」で時間を潰す。ここもコスパの良さと使い勝手で酒飲みオヤジにはうれしい店だ。

午後6時、一番乗りで店に行くと、スタッフから「ご予約は?」と聞かれる。一瞬、嫌な気分が広がる。「してません」と答えると、「今日はご予約で一杯です」とのこと。あー、またやってしまった。俺は何度、こうしたボケをしないと気が済まないのか。話題の店は予約必須なのに。その場で予約し、その日はスゴスゴと帰った。

予約当日、意気揚々と店に行く。通された席はカウンター。店全体は、比較的簡素な作りで、イスは酒を入れるプラスチックボックスに座布団を乗せただけ。壁などにも最近はやりのネオン管を使ったような装飾もない。席数は40席ほどか。

だが、料理はものすごいインパクトがある。

「エビカニ合戦」(879円)

例えば、「名物」と銘打った「エビカニ合戦」(879円)。カニの甲羅にエビの乱切りとカニのすき身を盛り、そこにイクラをこぼれるほどたっぷり。さらに卵黄を添えている。「これはすしか?」と思うほどだが、その下には、シンプルな巻物が置いてある。具をアテに酒が飲めるし、巻物に乗せてアレンジを楽しむこともできる。うーむ、なかなかよく考えてある。一人で食べきるのは、少し辛いが、2人以上なら確実にお得メニューだ。何より「エビカニ合戦」というネーミングが秀逸だ。

「マウント寿司」(879円)も面白い。メニュー表を見るだけだと、どんなメニューか分かりづらいが、巻きずしの上に、魚介が入ったとろろとイクラを乗せたもの。その段階でも「映える」料理だが、巻いてあるプラスチック容器を上に抜くと、とろろとイクラが流れ出し、巻きずしにかかる。この体験は楽しいし、動画としても「映える」。なかなかやるなあと思わず思ってしまう。

「マウント寿司」(879円)
最初はきれいだが、プラスチックを外すとどろっと流れる
次のページ
一人じゃ食べきれない、数量限定!見逃し厳禁!マグロ
メールマガジン登録
大人のレストランガイド