まずは読む力を強化

――「英語には何度も挫折した経験がある」など、英語学習の方法には多くの人が悩んでいると思いますが、何かアドバイスはありますか。

今から始められる英語学習法としては、まず、いわゆる「決まり文句」を覚えてしまうことです。特にビジネス英語の場合は、「こういうときはこう言う」という決まり文句が多いと思います。1日5分、隙間時間に簡単な文章からで構いません。フレーズを1つでもいいので覚えてしまいましょう。

次に、覚えたフレーズを実際に自分が使うとしたらどういう言い方になるかを考えて、少し変えてみてください。自分の状況に合わせて変えたフレーズをどんどん覚えてストックを増やしていけば、いざというときに使えるようになります。

そして、言葉はやはり使ってみなければわからない部分がありますから、話す機会があればいろいろな場面で積極的に使ってみることです。実際に話しをしてみてわかることは、意外に多いものです。

最初は自分の言いたいことが言えなかったとしても、相手が言ってくれた言葉を聞いて「あっ、そう言えばいいんだ」とわかったりもします。相手とのキャッチボールの中で学べることはたくさんあります。

ちなみに、英語教材などを使って学習するときのポイントを1つ紹介すると、「4技能をリンクさせる」ことだと思います。リスニングはリスニング、リーディングはリーディングと別々に勉強するのではなく、1つの教材で「リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング」の4つをやることが効果的です。

最終ゴールは「話せること=スピーキング」です。ここをゴールにすると、話すには書けなければいけません。書けるようにするには読めなければいけません。ですから、まずは読むことから始めてみてください。

リスニング力はリーディング力がついてくれば、自然とできるようになります。いきなりBBCやCNNのニュースを見て「理解できない」「リスニング力ない」と言う人が多いのですが、同じ内容が書面に書かれているものを読んで理解できるかどうかを考えてみてください。もし読んでもわからないなら、それはリスニング力ではなくリーディング力の問題です。

リーディングを基礎にして力をつけていくと、リスニング力は自然に身につき、自分が話すときに使えそうなものは書いて(ライティングして)おいて、書いたことを口に出して話せる(スピーキングできる)ようにします。そのように一連の流れの中で、会話ができるようにしていくといいと思います。

「あしたのマイキャリア」の記事一覧はこちら

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから