嗅覚障害、命に関わる危険も 意識して嗅ぐ訓練で治す

日経プラスワン

においを感じる嗅覚は、ふだん視覚や聴覚ほど意識されない。しかし異常があると生活の質に大きく影響する。何らかの病気のサインであることも多い。嗅覚障害の原因や対処法を知っておこう。

においが分からない。におうものとにおわないものがある。本来と違う不快なにおいを感じる。何を嗅いでも同じにおいがする。嗅覚障害にはこうした様々な症状がある。東京大学医学部付属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科の近藤健二准教授は「具体的にはカレーのにおいがしない、どんなものも焦げ臭く感じるといった訴えをよく聞く」と話す。

嗅覚に異常があると、食事がおいしくなくなる。料理の味付けが濃くなり、塩分や糖分のとり過ぎになる。食品の腐敗やガス漏れに気付かない恐れもある。嗅覚障害を自覚したら、早めに耳鼻咽喉科を受診したい。

まずにおいを感じる仕組みを知ろう。鼻の奥には鼻腔という空間があり、その天井部分の粘膜には多様なにおいを嗅ぎ分ける嗅神経細胞が並んでいる。鼻から吸い込んだにおいの分子を同細胞がとらえると、その情報が脳に伝わり、においが認識される。このプロセスのどこかに問題が起こると生じるのが嗅覚障害だ。

障害には主に気導性、嗅神経性、中枢性と呼ばれる3タイプがある。最も多いのは、におい分子が嗅神経細胞に到達しないことで起こる気導性嗅覚障害。慢性副鼻腔炎によるポリープ、アレルギー性鼻炎による鼻づまりなどで、におい分子の通り道がふさがれるのが原因だ。

「慢性副鼻腔炎の中でも特に好酸球性副鼻腔炎が嗅覚障害を起こしやすい」と近藤准教授。白血球の一種である好酸球によって鼻腔の周囲の副鼻腔にポリープが多発する病気で、再発しやすく指定難病の一つとされている。

治療は炎症を抑えるステロイド薬の点鼻やポリープを切除する内視鏡手術などが行われる。近藤准教授は「2020年に承認された新しい生物学的製剤の注射治療が高い効果を出している。継続することで安定的に嗅覚を取り戻せる」と指摘する。

嗅神経性嗅覚障害とは嗅神経細胞そのものがダメージを受けて嗅覚が低下することをいう。風邪やインフルエンザのウイルスが同細胞を攻撃することで発症する。新型コロナウイルスの影響で起こる嗅覚障害のメカニズムは、まだ詳細が解明されていないが、症状が長引くケースはこのタイプだと考えられている。