「貯筋」は40代がチャンス サルコペニア、どう防ぐ

日経プラスワン

新型コロナ禍で在宅勤務が増えて活動量が減ったと感じている人は多いのではないだろうか。活動量の低下は将来のサルコペニア発症に影響する恐れがある。中年期に気を付けたいことをまとめた。

サルコペニアとは「高齢期にみられる筋肉量減少と筋力低下もしくは身体機能の低下」のこと。筋肉は加齢と共に衰え、高齢になれば立ち上がりや歩行など日常生活の基本動作に影響が出るようになる。

以前は「老化」として片付けられていた。それが近年、筋肉量の減少や筋力低下があると転倒や骨折のリスクが高まる、手術後の死亡リスクが高まるなど様々な影響があることが明らかになってきた。今ではサルコペニアは疾患として捉えられ、重視されるようになった。

サルコペニアの人は65歳以上の6~12%と考えられており、年齢が上がるほど割合は高まる。サルコペニアかどうかは、筋肉量についてはふくらはぎの最も太い部分が男性34センチメートル未満、女性33センチメートル未満、筋力については握力が男性28キログラム未満、女性18キログラム未満が目安。指輪っかテストや立ち上がりテストなども参考になる(図参照)。

高齢者の病気と考えがちだが、もっと早い段階の40~50代から予防を意識することが重要だ。筋肉量減少と筋力低下には、年齢に加えて、活動不足、栄養不足、がんなどの疾患が関係する。高齢者では食事摂取量の不足から栄養不良も大きな問題となるが、中年期ではたんぱく質をしっかり摂取していれば栄養不足は問題になりにくい。