土屋鞄の「セカンド財布」 札・カード・小銭スリムに

日経MJ

ズボンのポケットに納まる土屋鞄製造所(東京・足立)の小型の革財布「ディアリオ ハンディLファスナー」が好調だ。2021年の実店舗での販売数は同社の財布の中で1位を記録した。新型コロナウイルス下でモバイル決済やカード決済が普及し、キャッシュレス化が加速するなか、必要最低限の現金やカードを入れて身軽に外出したい消費者の需要を捉えている。

職人がひとつずつ透明感のある染料で仕上げており、革の明るい色合いと自然な質感を楽しめる。茶や黒など3色をそろえた。口が大きく開くL字型のファスナーを採用した。85グラムと軽量ながら、中身が見やすく、収納力も高い。紙幣と小銭、カードを入れるスペースをそれぞれ設けた。

価格は1万4300円。同社の直営店と公式オンラインストアで販売する。休日のちょっとした外出時にコンパクトで手軽に携帯できるセカンド財布を使いたいという需要が高まっている。革製品は使うほどに革がなじんでいく「エイジング」も魅力のひとつで、モノを長く大切に使いたいという消費者の共感も呼んでいるという。

[日経MJ 2022年2月23日付]

「イイネ!」記事一覧