うつの発症にウイルスが関係? 五月病との関連も

日経プラスワン

疲労がたまるとヒトヘルペスウイルスが活性化し、口唇ヘルペスを発症するように、うつ病にもウイルスが関与することがある。疲労のメカニズムを確かめつつ、ウイルスがどう関わるのかを知っておこう。

新年度となる4月は会社や学校などで環境が変わり、緊張する日々が続く。疲労がたまりがちだが、気が張り詰めていると疲労として自覚しないことも多い。

ただ、その状態は長くは続かず、5月の連休を過ぎたあたりから倦怠感ややる気がうせるなど、いわゆる五月病に陥る人も出てくる。東京疲労・睡眠クリニック(東京・港)の梶本修身院長は五月病の状態を「生きるためには休む必要があるという生体アラーム」だと説明する。

五月病には、労働や運動などが負荷となって脳を含む身体機能が低下する「疲労(作業効率の低下)」と、脳が休息を欲する「疲労感」の2つの側面がある。環境が変わったばかりの「4月の状態は、疲労感なき疲労」と梶本院長。

緊張状態が続くとそれがストレッサー(ストレス要因)となり、体にストレス応答が起きる。自律神経の中枢である視床下部が働き、体を活性化させるアドレナリンや疲労感を麻痺させるコルチゾールを副腎から分泌させるのだ。

写真はイメージ=PIXTA

ところが自律神経の過活動状態が5月まで長期化すると、自律神経機能が低下。さらに内分泌・免疫系の機能低下を誘発する。その結果、体中に様々な支障が表れ、今まで抑えられていた疲労感を急に感じるようになる。

五月病は一般にストレッサーによってうつ状態になることを指しており、十分な休養や質の高い睡眠、時間の経過で改善することが多い。ただ、眠れない、寝ても疲れが取れない状態が続くと回復が困難となり、うつ病や心身症などのリスクが高まる。

近年、うつ病の発症に脳の炎症が関わっていることが明らかになった。この炎症を引き起こす要因の一つとして「HHV(ヒトヘルペスウイルス)-6が関与している」と、東京慈恵会医科大学(東京・港)の近藤一博ウイルス学講座教授は指摘する。