日経プラスワン

注意しなければいけないのは、コットン(綿)やリネン(麻)などの植物繊維、またポリエステルなどの化学繊維でも、汗や食べこぼし汚れの付いた部分は好んで食べられる(幼虫の栄養になる)ということだ。動物繊維に汚れが残っている場合は、言うまでもなく狙い撃ちに遭う。ウールなどの冬物衣類は、日常的に着用しているうちから先々の汚れの対処、クリーニングの予定を立てておきたい。

衣替えの際には可能な限り「洗濯・乾燥」する。洗濯絵表示を確認し、水洗いが可能なら衣類用中性洗剤を用いて家庭で洗濯する。ドライクリーニングが必須の場合には外注する。いずれも汗や皮脂などによる汚れ、シミなどをしっかり落として乾燥させたのちに、衣類用防虫剤とともに保管するようにしたい。

収納した衣類には「ダニ」が発生することもある。ダニは羊毛や綿など素材を問わず、気温が程よく高く、暗く湿り気のある環境では容易に増えてしまうので要注意だ。一般的な衣類用防虫剤にはダニへの効果はないので、防ぐためには、衣類の保管前に保管場所を揮発性の高い消毒用アルコールでしっかり拭き、その場にいるダニやホコリ汚れを残さないようにすることが大切だ。また、保管場所の湿気が高くならないよう、衣類の湿気をしっかり抜いてからしまうようにしたい。

◇  ◇  ◇

防ダニのグッズ活用も

通常の防虫剤ではダニの発生・繁殖を防げないが、防ダニ効果をうたう洗濯用洗剤や柔軟剤などが市販されている。綿、麻といった植物繊維や化学繊維など、洗濯できる衣類は、季節の終わりに収納する前にこうした洗剤で仕上げておくのは一つの手だ。

すでにダニが生息している場合、洗濯だけで死滅させるのは難しい。ダニ繁殖の懸念がある衣類は乾燥機かアイロンでしっかり加熱乾燥させてから収納したい。市販のダニ捕りマット類を収納の最下層暗部に仕込んでおく方法も、生きているダニには効果がある。

(住生活ジャーナリスト 藤原 千秋)

[NIKKEI プラス1 2022年2月19日付]