立体的でウエストは細身のブラウス モデラート

日経MJ

2022/7/13

女性向けファッションのモデラート(東京・渋谷)が販売する「ショートスリーブコクーンブラウス」が好調だ。2019年の発売以来、働く30代後半~40代を中心に人気で、21年の販売着数は20年比の3倍だった。

同製品は二枚の布を重ねた二重織の生地を使うことで厚みを持たせ、立体的なシルエットを実現。ゆったりとした形状ながらもウエスト部分に細みをつけた。

価格は1万780円。白・紺など複数色を用意し、季節ごとに限定色を販売する。複数の色を購入する顧客が多く、同じ生地を使用したズボンやスカートなど13種類の衣服をそろえた。「ブラウスをきっかけに他の商品への購入につながっている」(市原明日香代表)

オンライン会議の普及で画面に映りやすい袖や肩などに飾りが付いた衣服の人気が高まった。一方で足元では出勤者も増加し、ジャケットなどと着こなしやすいシンプルな商品の需要が高まってきているという。

[日経MJ 2022年5月11日付]

「イイネ!」記事一覧