魚焼きグリル活用術 弁当のおかず、同時調理で時短も

魚焼きグリルを使って一度に3品のおかずを作ることができる=岡村 享則撮影

コンロに付いている魚焼きグリル。魚を焼く以外にも、様々な調理に使えるのをご存じだろうか。新年度を迎え、料理を始めるという人にもおすすめの活用術を聞いた。

海外から赴任した外国人に台所を案内したとき、魚焼きグリルについて聞かれたことがある。「魚しか焼けないのか?」「他に用途は?」と問われるも、筆者自身は汚れるのが嫌で魚も焼いていない。「トーストはできる」と答えるのが精いっぱいだった。

「確かにトーストは外側は香ばしく、中はふわっとおいしく焼けます」と話すのは東京ガスネットワーク料理教室の栄養士、大西綾子さん。「一度に数種の料理を作りたいときには、魚焼きグリルはコンロを加勢する強い味方になりますよ」と教えてくれた。片面グリルに代わって最近主流の両面グリルは、受け皿に水を入れる必要もなく、使い勝手もいいという。

点火して1分ほどで庫内は約300度まで温まる。このため、本来の用途である焼き魚は約7分で焼き上がる。鶏モモ肉なら1枚10分ほど。皮を上にして焼くと、包丁を入れたときにサクッと音がするほど香ばしく、肉はジューシー。厚みが3センチメートルくらいの牛かたまり肉は10分焼いて火を消し、庫内に置いておけばローストビーフが完成だ。「扉を開け閉めしても庫内の温度を保ちやすいのがオーブンと違う優れた点」と大西さん。

忙しい朝にはコンロで朝食を、グリルで弁当のおかずをと同時に調理できて便利だ。教わったのは、鶏の照り焼き、巣ごもり卵、蒸しブロッコリーの3品同時調理だ。

鶏モモ肉を一口大に切ってしょうゆ、酒、砂糖、みりん各同量を合わせて漬け込む。千切りにしたキャベツとニンジンにピザ用チーズ、塩、コショウを混ぜて、アルミケースに入れ、中央をくぼませて卵1個を割り入れる。このまま焼いて、ケースごと弁当箱に入れられる。ブロッコリーは小房に分けてアルミホイルに並べ、水と塩を振って包む。水は4房に大さじ1程度。

グリルは奥が最も高温になり、手前が低めなので、火の通りにくい順に材料を奥から並べる。予熱は不要で、すべてを並べたら点火して強火にする。8分後に火を消してブロッコリーをホイルごと取り出し、鶏肉と卵は庫内に3分置いて余熱で火を通す。

鶏肉はしょうゆが少し焦げて香ばしく、卵は中までしっかり火が通っている。卵の下にたっぷり敷いた千切り野菜はカサが減り、モリモリ食べられそう。驚いたのはブロッコリー。少量の水で色よく蒸され、程よい食感になった。

次のページ
専用グッズでメニュー拡大