帽子のお手入れコツは 水分要注意、形崩れの原因に

日経プラスワン

天然繊維で洗えない帽子はブラシで手入れ(東京都渋谷区のオーバーライド神宮前)=岡村 享則撮影

夏の強い日差しから身を守る帽子。汗をかくと、においが気になる人も多いだろう。放置すればシミやカビの原因になる。お気に入りの品を長持ちさせるため、手入れの方法を確認しよう。

夏用の帽子は通気性のよい綿や麻、麦わらといった天然繊維が多く使われている。こうした素材はぬれると縮んだり、変形したりして、形崩れの一因になる。安易な水洗いは避けるようにしたい。

明治創業の麦わら帽子の老舗、田中帽子店(埼玉県春日部市)の中田恭兵さんは「手入れの基本は陰干しでよく乾かすこと」と話す。雨などでぬれてしまったら、まず水分をしっかり拭き取る。

帽子の内側に縫い付けられた「スベリ」と呼ばれる部分は直接肌に当たるので、汗や皮脂、女性ならファンデーションで汚れやすい。使った後は固く絞ったタオルで軽くたたくように水拭きする。汗や汚れを拭き取っておけば、表面に浮き出るシミやカビを防げて帽子が長持ちする。ファンデーションが付いたら「少量のメーク落としを直接付けて指で軽くなで、タオルで拭き取る」(中田さん)。

帽子を乾かすときは厚紙を使う手がある。頭が入る部分の外周より少し大きめの筒状にして立て、帽子を上下逆さにして置く。筒につばを引っかけるようにして収めるとよい。こうすると、形崩れを防げるほか、スベリが乾きやすいのだという。早く乾かしたいからとドライヤーの熱風を当てるのはやめよう。生地を傷めたり、麦わらなどが割れたりする恐れがある。

水洗いができない天然繊維は定期的にブラシをかけ、ほこりを落とすのも大切だ。帽子専用のものもあるが、馬毛など柔らかい洋服ブラシで代用できる。上から下に流すように軽くブラシをかける。

帽子販売大手の栗原(大阪市)が展開する専門店「オーバーライド神宮前」では「3~4年前から洗濯機洗いや手洗いが可能な帽子を増やしている」(松田みなみさん)。一見すると天然繊維のようだが、実は水洗いできる化学繊維でできた帽子も多いという。水洗いが可能かどうかはラベルを見て確認する。洗濯機で大丈夫な場合には帽子だけを入れて3分程度洗う。

次のページ
針金ハンガー曲げて干す手も