ウクライナ危機、食卓直撃 回転ずしも値上げのピンチ

パンやパスタ、カップ麺に冷凍食品――身近な食品の値上げラッシュが続きます。特に目立つのが小麦粉を原料とする製品です。最大の輸出国ロシアが有力産地のウクライナを侵攻したため、さらに値上がりに拍車がかかっています。米シカゴ商品取引所の小麦先物価格は14年ぶりに最高値を更新し、日本の輸入価格も上がりそうです。資源大国ロシアとの貿易が滞る影響は今後、燃料や金属価格など幅広い品目に広がります。割安な値段で人気の回転ずしも直撃しそうです。

日本の輸入小麦価格上昇

ロシアは最大の小麦輸出国です。ロシア南西部からウクライナにかけて肥沃(ひよく)な土壌があり、世界有数の穀倉地帯として「欧州のパンのかご」と呼ばれています。世界の輸出量をみるとロシアが17%、ウクライナが12%で、合わせて3割を占めています。シカゴ市場の先物価格は3月4日、14年ぶりに最高値を更新しました。ロシアの侵攻を挟んだ2週間で、およそ1.6倍という急ピッチな値上がりです。

ロシアとウクライナ両国からの輸出停滞により、価格はまだ上がりそうです。日本が輸入する小麦は、農林水産省が製粉会社へ売り渡す仕組みになっています。2021年10月~22年3月期の価格は、前の半期に比べ19%上昇しました。上げ幅としては過去2番目の大きさでした。最近のパンやパスタの値上げは、この値上げ分を反映させたものです。

「ウクライナショック」による最近の急激な値上がりが響いてくるのは、今年4月からの売り渡し価格です。4月からは前の半期(10月期)に比べ17.3%引き上げられます。現在の算定方法になってからの最高値だった08年10月期(7万6030円)に次ぐ2番目に高い水準となりました。小麦を使った製品の2次、3次の値上げは避けられないでしょう。

次のページ
ロシア産魚介類の流通細る