2021秋冬はニット重ね着 ストレスフリーにきちんと感宮田理江のおしゃれレッスン

今年の秋冬ファッションはニットの重ね着がトレンド

ニューノーマル生活が続き、ストレスフリーで過ごしやすい服が支持を広げています。秋冬に出番が増えるニットは、伸縮性に富み、体を締め付けないから、着心地が楽。冬に向けて提案が相次いでいるのは、ニットアイテム同士を重ねる「ニットonニット」の装いです。ニット同士を重ねてもエレガントに映るデザインが登場しているのが新しい流れ。見た目は「きちんと感」がありながら、着ている本人はストレスフリーというところも重宝します。日本でも人気のイタリアブランド「FABIANA FILIPPI(ファビアナフィリッピ)」の2021-22年秋冬コレクションを参考に、大人が着たくなる新しい「ニットonニット」の取り入れ方をつかんでいきましょう。

ボトムスとの異素材ミックスでコントラストを演出

カラートーンはそろえつつ、素材感をずらすスタイリングに注目

ニットの持ち味はソフトな風合いにあります。同じ素材で編み上げたニットトップス同士の重ね着は、いっそう柔和な表情に。ボトムスに異素材を迎えれば、ニットの質感が引き立ちます。

編み目の畝(うね)がきれいなケーブルニットの半袖トップスを、同じ毛糸で編んだタートルネックセーターに重ねました。Vネック部分にタートルネックがうまく顔を出して、立体的な見え具合に。ゆったりとしたニットをベストのように重ねるのが落ち感を演出できるポイント。ボトムスに配したのは、ファビアナフィリッピの代名詞的な六角形の網目で構成するチュール素材で仕立てた、透けるロングスカート。はかなげで繊細なチュールの風情がニットレイヤード(ニットの重ね着)のあたたかみを際立たせています。

「ニットonニット」のまとまりが生きてクラス感ある着映えに

異素材ミックスのよさは、装い全体のムードが奥行きを深めるところにあります。ならば、ニットウエアと引き合わせるパートナーは風合いがほとんど正反対のレザーがうってつけ。「ニット×レザー」を上下で組み合わせると、今年らしい秋冬ルックが手軽に決まります。

のどかなシルエットのプルオーバーに、同じニット素材のブルゾンを重ねて、「ニットonニット」の着こなしに整えました。コーディネートの決め手は、レザースカートでつやめきを加えたところ。ニットとレザーが互いを引き立て合う関係に。ボトムスに濃いめの色を選べば、腰から下が引き締まって映ります。足元は脚光を浴びているコンバット系ブーツでタフに決めました。

次のページ
お仕事ルックにも生かせる新感覚のニットセットアップ