歯の治療・楽器演奏…金属アレルギー思わぬところで

身の回りにはたくさんの種類の金属製品があふれており、金属アレルギーの人は油断ができない。歯の治療や管楽器を演奏したあとで、アレルギー症状が出る人もいるという。金属に触れたところだけで皮膚炎が発症するだけでなく、手足に発疹が出ることもある。金属アレルギーを見過ごさないよう注意したい。

都内に住む40代のA子さんは昨年、手のひらに膿(うみ)がいっぱい出てきた。そのうち治るだろうと放っておいたが、いっこうによくならない。皮膚科を受診すると「歯を治療しましたか」といわれた。

確かに1年ほど前に虫歯を削って合金を詰めていた。紹介された病院の皮膚科で山口全一医師(日本歯科大学教授)に診てもらうと、金が原因でアレルギーが起きていた。そこで歯に詰めた合金を別タイプに替えると症状が改善。膿がほとんど出なくなった。「歯が原因とは……。びっくりした」とA子さんは振り返る。

数年後に発症も

金属アレルギーは主に肌に金属が触れて起こる。汗などの影響で金属の一部が溶け出してイオン化し、体内のたんぱく質と結合してアレルギーの原因物質に変わる。この物質に対し、体内の免疫細胞は敵とみなし攻撃・排除しようとする。この準備が整うと、その金属が触れるたびにアレルギー反応が起こる。東京医科歯科大学歯学部付属病院の臨床教授を務める松村歯科医院(東京・世田谷)の松村光明院長は「早い人で2~3日後、遅いと数年後に起こることもある」と指摘する。

症状は主に皮膚に現れる。金属が触れた肌が赤く腫れ、かゆくなったり、発疹ができたりする。金属に直接触れていない手足などに水疱(すいほう)や膿がたまったり、体に少し盛り上がった発疹ができたりするケースもある。口の中の粘膜や舌に白いコケのようなものができたり、口内炎や唇が腫れたりする人もいる。アレルギーの原因物質によっては接触していないところでも症状が出る。

原因となる金属は人によりまちまち。最も多いのがニッケルで、コバルトやクロム、パラジウム、水銀などもアレルギーを起こしやすい。金やプラチナ、銅でもまれに発症する。それまで特定の金属に接しても何ともなかった人が突然、発症するケースもある。

ニッケルはめっき用金属として、腕時計やピアス、イヤリング、眼鏡フレーム、下着の金具など多くの製品に用いられている。クロムは皮革製品のなめしなどに使われる。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント