働く女性 30代からの「やり直しキャリア」成功のコツ

今の場所で頑張りたい人も、新天地を見つけたい人も知っておきたい。社会人経験も10年を超え、このままの働き方でいいのか? と迷う30代の人も多いはず。今からでも新しいことはできるの? 30代から女性の“やり直しキャリア”を考えます。

自己理解を深める力が壁を突破させてくれる

「30代は、20代では感じなかったような停滞感にとらわれやすい時期。キャリアを見つめ直すのは、とても大切なことです」と話すのは、キャリアカウンセラーの錦戸かおりさん。

同年代が責任のある立場に抜擢されたり、結婚、出産をしたりして、様々な選択肢が見えてくる。そのため、これまでと同じ働き方でいいのかと、モヤモヤした気持ちを抱えることも多い。「まずはそのモヤモヤの理由を整理すること。自己理解を深めることで、やるべきことが明確になります」(錦戸さん)

「35歳の壁」はこんなふうに訪れる
仕事内容にも環境にも慣れた30代は、停滞感を抱きがち。特に35歳を超えると、中途採用や派遣の求人が減る現実もあり、キャリアの限界を感じやすくなる。それを突破するには、自分の強みを磨きつつ、ネットワークづくりや自己管理能力なども必要になる。

30代の壁を突破するために必要な 5つのキーワード

【1】仕事への責任感と緊張感

慣れてきた仕事でも、ルーティンワークとしてこなすのではなく、より効率化を目指すなど緊張感を持って仕事を。後輩の育成に尽力するなど、責任感も重要。

【2】社外ネットワーク

スキルアップセミナーなどを通じ、社外ネットワークを築く。社内のルールにとらわれずにキャリアプランを立てたり、転職情報を得たり、ロールモデルを見つけたりできる。

【3】ストレス コントロール力

仕事とストレスとは切り離すことが難しいからこそ、うまく付き合うことが必要。ストレス耐性をつけ、自分に合ったストレス解消法を駆使して、日々メンテナンスをして。

【4】自己分析力

客観的な視点で、自分自身を評価できる冷静さを持つこと。自分のやりたいことや立ち位置だけでなく、求められている役割も正確に把握していこう。

【5】信頼できるメンター

キャリアや人生ビジョン、抱えている悩みをありのままに話せるメンターの存在は、悩んだときに支えになる。社内でも社外でも、複数いるほうが○。

注目記事
次のページ
強みがあれば、年齢に関係なくキャリアアップできる