ライブ、海外展開…音楽業界サバイバルのシナリオ日経エンタテインメント!

パッケージ市場が縮小するなか、レコード各社の生き残り戦略が明確になってきた。ライブや海外市場に注力するのか、BtoB(企業間取引)や映像部門を強化するのか。新たな事業に注力し、既存のレーベルビジネスの見直しを進める、各社の「次の一手」から、音楽業界の明日の姿を探った。

2014年頭から春にかけて、大手レコード会社のトップ交代や組織変更が相次いでいる。CD、ネット配信を含む楽曲の売り上げが低下傾向にあるなか、その変化から各社が生き残りをかけて力を入れていく分野が見えてきた。

パッケージに変わるビジネスとして、近年各社がこぞって力を入れているのが「ライブ」だ。2003年には約942億円だった国内市場は、2013年には約2318億円(コンサートプロモーターズ協会調べ)と10年間で2倍以上の規模となった。これまでも「a-nation」などを主催するエイベックス、2013年よりアリーナクラスのイベント「U-EXPRESS」を開催するユニバーサルなどがあったが、これに続く動きも活発化している。

2014年2月に幕張で開催された、「ビクターロック祭り~音楽の嵐~」でパフォーマンスするDragon Ash

ビクターは、レーベルごとに開催していたライブを初めて統合した、「ビクターロック祭り~音楽の嵐~」を2014年2月に幕張メッセで開催。Dragon Ashやサカナクションなど9アーティストがパフォーマンスし、「盛況のうちに閉幕。2015年3月の次回開催が早々に決定した」(ビクター広報担当)。ライブイベントの事業化を見据え、ライブエンタテインメント・ユニットを2014年4月に新設した。

ポニーキャニオンも2014年4月より、ライヴエンタテインメント部を設立。同年5月にはアイドリング!!!やベイビーレイズら自社レーベルのアイドルが結集したライブ『ぽにきゃん!アイドル倶楽部感謝祭』を開催。今後も自社のアーティストを中心にイベントを手がけていく。

海外も視野に入れるのがソニー・ミュージックエンタテインメント。子会社のZeppライブエンタテインメントはこれまでも、香港、韓国、台湾、インドネシアほかアジア諸国の音楽フェスティバル(フェス)への出資、アイドルイベントの興行などを行ってきた。2014年4月には、企画・制作に特化した新会社「Zeppライブ」設立を発表、ライブビジネスの拡大を目指す。

エイベックスはチケット販売まで自社で手がけることにこだわる。ヤフーと業務提携し、チケット販売サイト「Yahoo!チケット」を共同で運営。ヤフーというメディアの力で販売力を強化することで、他社のアーティストの扱いも増やしたい考えだ。

次のページ
販路拡大にも積極的、アジア市場に活路を見いだす
エンタメ!連載記事一覧