歩幅が狭くなったら注意 つらい「ひざ痛」の治し方

脚を伸ばせない、歩けばとぼとぼ、階段で「アイタタ!」。ひざが痛むと見た目も動作も老け込みます。原因のほとんどは、ひざに負荷がかかり、ひざ軟骨がすり減って起きる「変形性膝関節症」とその予備軍です。ひざ痛の原因から、固まった部位の柔軟性を取り戻す「痛みを追い出す」エクササイズまで、紹介します。

O脚やX脚、運動のしすぎや肥満でひざに負担が集中

(イラスト:いいあい)

若いころに運動により半月板を損傷した人、一般に手指の関節のこわばり症状から始まる関節リウマチがひざまで広がってしまった場合(図1)は別として、50代のひざの痛みの原因は、「ほとんどが加齢による膝関節と周辺の組織の衰えです。進行すると変形性膝関節症になる恐れも」と話すのは、プライマリスポーツメディカルセンターの寺尾友宏さん。

変形性膝関節症とは文字通り、膝関節が変形してしまう病気。初期は外見に変化はないものの、関節内では潤滑油の役割を果たしている軟骨が減り、その下の組織に通っている神経が刺激され、痛みが出ます。発症は65~70歳がピークですが、50代には関節やその周辺に衰えが出てきます。

図1 ひざの痛みは、ひざの酷使による半月板損傷や関節リウマチといった病気でも起こるが、50代以上の女性の多くは変形性膝関節症。この場合は、痛む部分がある程度明確であることが多い
注目記事