性のメカニズムと関係も? 「あくび」のヒミツ働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

あくびは気持ちいいですね。でもなぜか、人前でははばかられることになっています。だけど体の素直な欲求なのだから、きっと深い意味があるに違いない。そう思って話を聞いてみると思いも寄らなかったあくびの起源が浮上してきました。それは何? かなり意外な展開です。
 

あくびは不思議な現象だ。深い呼吸と、口を思いっきり開ける動作、腕や脚を伸ばす動作などが連動して起きる。それらがあたかも自動的に、どこかから降って湧いたように生じる。

これらの動作は意識的にもできるけれど、そうやって動きを真似しても、本物のあくびのあの心地よい感じは出てこない。

あくびってそもそも何なのだろう。あくびの生理に詳しい脳生理学者、東邦大学教授の有田秀穂さんにたずねてみた。

「あくびの機能は、いまだに謎が多いのですよ」。有田さんはこんなふうに語り始めた。

あくびをすると覚醒の脳波が出る

人間以外の動物たちもあくびをする。ペットを飼っている人なら、犬や猫、インコ、カメなどがあくびする姿をよく目にしていると思う。それだけ広い範囲の生き物があくびするということは、あくびの起源もかなり古いのだろうか。

「その通り。あくびの中枢は、脳の視床下部の中にある室膀核という場所です。ここは脳の中でも原始的、つまり進化の過程で古い時代から残っている場所なので、かなり遠い祖先にあたる生き物もあくびをしていたと考えられます」

次のページ
あくびの起源は性行動?
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント