群雄割拠の時代が到来 女子アイドル夏の陣日経エンタテインメント!

夏はアイドルの季節。学生メンバーは学校が長期休みに入るため、平日昼間でも活動が可能になる。実際2013年ごろから、夏休みの平日の日中から、アイドルイベントやライブを開催する例が増えている。そのため、イベントなどをきっかけに急激に人気の出るグループが現れるなど、アイドルの勢力図が大きく変わる可能性があるのも夏の特徴だ。2014年、大きく伸びるグループをチェックした。

伸びるセールスとライブ会場、両者とも「3」がひとつの壁に

2013年夏に、AKB48とももいろクローバーZが日産スタジアム公演を果たし、頂点を打つかに見えたアイドルブーム。しかし、2014年はそろって国立競技場公演を実現。AKB48が2013年8月にリリースした『恋するフォーチュンクッキー』がロングヒットするなど、ブームは継続中のようだ。

ライブ動員とCDセールス(初週)でアイドル市場を見てみると、2大グループだけでなく、この分野全体が拡大していることが分かる。

AKB48が100万枚を超え続ける一方、SKE48が2013年比でシングルセールスを落としていることから、50万~100万枚のゾーンのグループがいなくなった。その分、乃木坂46のセールスが40万枚台に達し、秋元康氏プロデュースのグループ全体でカバーしている。ライブ規模は順調に伸びており、再びセールス面で50万枚を突破できるかが注目される。

アイドル市場全体が拡大傾向にある

ライブの規模は全体的に拡大傾向にある。象徴的なのが、日本武道館を実現したグループの多さだ。

ハロー!プロジェクトでは、2013年秋に℃-uteとBerryz工房が初日本武道館公演を果たし、2014年の7月にはスマイレージもこれに加わった。スターダスト所属の私立恵比寿中学とチームしゃちほこ、さくら学院から派生したBABYMETALも2014年に武道館公演を実現した。

中でも、でんぱ組.incは、大手芸能事務所の所属ではなく、秋葉原の小さなライブカフェからスタートしての偉業達成。本当の意味でのインディーズ出身アイドルによる武道館公演実現は、ブームの広がりを強く感じさせる。

日本武道館を狙うグループも多く控えている。登竜門と言える日比谷野外大音楽堂、中野サンプラザ、各地のZeppなど、2000~3000人クラスの会場で公演するアイドルが増えている。ここには、メジャーデビュー組だけでなく、インディーズのグループも多く顔を出す。アイドルの活動でCDリリース以上にライブが重要視されるようになり、メジャーとインディーズの間の垣根はさらに低くなっている。

下の表ではパシフィコ横浜など5000人クラスの会場を中規模ホールに入れているが、最近は3000人クラスから一足飛びに日本武道館公演を実現する例が多い。CDセールスは3万枚、ライブ会場は3000人の壁を突破することが、一般層へファンを広げるための第一歩と言えそうだ。

【表の見方】縦に過去1年の最大動員会場(予定も含む)、横に最新シングルまたはアルバムの初週セールス(2014年5月14日発売分まで)をとりマッピング。メジャーデビューをしており有料のワンマンライブを開催しているグループが対象。メジャーデビューしておらずとも、1500人規模以上の会場でライブを行っているグループは含めた。赤は2013年同時期の調査と比較して、ライブ会場の規模が大きくなったグループ
エンタメ!連載記事一覧