温かいソースの「赤い海」に浮かんだバニラアイス世界のおやつ探検隊

外で食べる……というのはさすがに厳しくなってきたが、冬でもアイスクリームを食べたい人は多いだろう。最近では「温かい炭酸飲料」も発売されました。それならアイスも「ホットで」と考えてもおかしくないのでは。そこでナショジオが結成した「世界のおやつ探検隊」が、冬でも“温かくいただける”アイスクリームを探してきました。

ヨーロッパでは毎年11月1日にお盆を迎える国がある。東欧の国、ポーランド(ポーランド共和国)だ。この日はカトリック教会の祝日である「諸聖人の日」なのだが、同国では家族でお墓参りをする習慣があるのだという。

そこで、ポーランドにもこの祝日にまつわるお菓子はあるのだろうかと訪ねたのが、東京・日本橋のポーランド料理の店「レストラン ポルスカ」。オーナーは、ポーランド北西部、ドイツ国境に近い都市シュチェチン出身のヤーレク・アブラムチェクさんだ。

今回訪れた“おやつの国”はポーランド。こちらは同国のアップルパイ「シャルロッカ」

「ポーランドのお盆にまつわるお菓子はないなぁ」と開口一番、ヤーレクさん。残念、と思っていると、彼が説明してくれたその日の様子がふるっていた。

「日本の墓地の雰囲気と違って、ポーランドのお墓は怖くないんですよ。だから、お墓参りのピークは夜なんです。ロウソクを持ってお墓に行ってお供えします。自分の家のお墓ではなくても、ロウソクのないところに置いて来たりするんですよ」

その様子を撮った写真を見せてもらうと、美しいのに驚いた。というのも、ロウソクは赤や黄色といったカラフルなビンの中で燃えているので、暗闇の中に幻想的な暖かい色が浮かび上がるのだ。無数のロウソクの火をとらえた写真はまるで大都市の夜景のようだった。

ヤーレクさんも少し自慢げに、「きれいでしょう。その日の墓地はものすごく混んでいるんです」と言う。実は、メキシコでもロウソクを灯し、夜通しお墓にたくさんの人々が集うらしい。11月1日の夜に世界の国々で灯されるロウソクの明かりを想像すれば、冬の寒々とした日も豊かな気持ちになれそうだ。

注目記事
次のページ
ポーランドのアップルパイはメレンゲが載る