WOMAN SMART

ライフスタイル

婚活に失敗する女性、成功する女性の違い

2013/6/27

■「婚活=自分磨きのツール」と考えよう

婚活サイトや結婚相談所に登録して色々な男性に会っても、相手の方から「ノー」と言われたら辛い――。そんな風に思っている人もいるかもしれない。マジメな人であればあるほど、婚活は辛いものになりがちだ。しかし、「結婚というゴールだけが婚活から得られる成果と思っているから辛くなるんです。婚活は、なにより自分磨きのツールだと考えてください」と澤口さんは力を込める。

お見合いやデートのためにファッションや化粧を工夫すれば、より美しく装うことができるようになる。初対面の相手と話す機会を重ねることで、自分のコミュニケーション能力もあがる。見合い相手の仕事の話が、自分のキャリアに生かせることだってあるかもしれない。そんな風に、婚活にもさまざまな形の「成果」があるのだと思えば、婚活サイトの登録ボタンが違った目で見られるんじゃないだろうか。「婚活を利用して、活動範囲が広がり交流関係が広がれば、自然に人間の幅も広がります。そうやって自分を磨いていけば、それに見合う“ランクアップ”した出会いも生まれます」(澤口さん)。

30代だからなかなか出会いがないという人もいるが、そもそも、それは自分を20代女子と比較してしまうから。「自分磨き」で20代の女性にはない魅力を身につければ、自分の年代に合ったよい男性と出会うチャンスもどんどん広がるというわけ。澤口さんのセミナー受講者の中には、40代半ばで彼氏をゲットした人もいるという。

また、婚活を始めるにあたっては、交友関係を見直すことも大事だと澤口さんは指摘する。「学校時代からなど長い付き合いがある人でも、いつも疲れていたり、発想が後ろ向きであったり、あら捜しばかりをしているような人といれば、自分の気持ちもネガティブになってしまいます。距離をとっていい」。逆に、一緒にいて明るくポジティブな気持ちになれる、もしくはその人みたいになりたいなどという人と一緒にいるようにすれば、自分の気持ちも自然に変わっていくはず。本当に自分と縁がある人なら一旦は距離をとっても、いずれ元の関係に戻るので心配する必要はないという。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
嫌よ嫌よはマジで嫌 NOも言えない、こんな世の中じ
日経ARIA
40代からの歯科矯正はあり? 失敗しない歯科医選び
日経doors
婚活でやってはいけないこと 高学歴女子が陥りがち
日経DUAL
手軽なツールSNS 疲れずに仕事人脈をつくるコツ
ALL CHANNEL