その症状、老眼かも 早めの対策で快適に日経ヘルス

老眼は、「老」という文字がつくせいか、加齢を認めたくない意識も働き、つい我慢して対策が遅くなりがち。特に女性にその傾向が強いようだ。しかし、老眼を我慢してもあまりよいことはないという。専門家に対策のポイントを聞いた。

「新聞を読むとき、今までより少し距離を離すほうが読みやすい」「薄暗い場所で、値札が見にくくなった」……。思い当たることはないだろうか? これらは典型的な老眼の症状だ。

60歳前後で安定

老眼は「目のレンズの役割をしている水晶体が加齢によって硬くなり、ピントを調節している毛様体筋という筋肉が、いくらがんばっても調節できなくなって、近くのものが見えにくくなる状態が続くこと」。こう解説するのは、スマイル眼科クリニック(横浜市)の岡野敬院長。

どんな人にも老眼は起こる。早い人では40歳前後から、平均で45歳くらいになると見え方に何らかの変化が起きる。その後老眼は進み、視力が安定するのは60歳前後といわれる。

日経ヘルスプルミエが実施した調査では、6割以上の人が「小さな字が読みにくくなって、初めて老眼を自覚した」と答えた。だが実際は、目が疲れる、しょぼしょぼする、夕方になると見づらくなるなどの症状から、すでに老眼は始まっている。「自分が老眼とは思わず、眼精疲労を訴えて受診し、老眼を指摘されるケースも多い」と梶田眼科(東京都港区)の梶田雅義院長は指摘する。

逆に気づいていても「無理したらなんとか見える」と我慢して、老眼対策を先送りする人も多い。しかし、老眼状態を長い時間放置していると「肩こり、頭痛、最悪の場合、吐き気といった症状が起こることもある」(梶田院長)。

早く老眼対策をすると余計に老眼が進むのでは、と不安に思うかもしれないが、その心配はない。むしろ現代人は、「我慢せずに早めに対策をし、不要な目の負担を減らすほうがいい」と岡野院長は説明する。

老眼用のメガネとコンタクトにはそれぞれ長所と短所があるが「目への負担の軽さや安定感から考えると、第一選択は遠近両用メガネ」と岡野院長は言う。

遠近両用メガネはその見え方に慣れる必要があるため、老眼が進んでから初めて使うと「度の強いレンズ」の見え方に体が慣れるまでに余計に時間がかかってしまう。「度の弱いレンズから始めるほうが楽」(岡野院長)との意味でも、早い老眼対策がお薦めだ。

とはいえ、遠近両用メガネというと、レンズに境目があったり、小窓がついていたりして「いかにも老眼鏡」というタイプを想像する人も多いのではないだろうか?

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
用途で使い分け
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント