不幸の裏に「自尊心の低さ」 私なんてと思ってない?「自尊心」養成講座

日経ウーマンオンライン

はじめまして。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。私はこれまで、たくさんの女性たちの悩み相談(特に結婚・恋愛)にのってきました。その中で感じたのが、とっても素敵なものをたくさん持っているのに、「私なんて……」と思っている方が少なくないことです。言い換えると「自尊心が低い」ということ。そんな女性たちに、「自分を大切にして、手に入るはずの幸せを得るヒント」をお伝えします。

生きづらさを感じる……

どんなに頑張っても願いが叶わない……

努力しているのに、いつまでたっても結婚できない……

こんな悩みを、今、多くの人が抱えています。悩みを抱える方々は、多くの情報から「私が不幸なのは○○してなかったことが原因かもしれない」と思い、様々な努力をしている方が多いのです。

実は、これらの出来事の原因は、すべて心の中に存在しています。自分のことを大切に思ったり、愛したり、自分に価値を感じたりする気持ちが「自尊心」です。努力しているのに幸せになれないという方に多いのは、この「自尊心」との向き合い方に何かしらの問題があるケースです。

自尊心が低い、つまり、自分自身には価値がないと思い込んでいたり、私なんてダメな人間なんだというような低いセルフイメージを持っていると、そのイメージにあった不適切な行動をしてしまうんです。

不幸の裏にあるもの

不幸の裏には、この自尊心の低さが存在していることが少なくなく、思い込みや、自分に制限をかけることで、幸せを遠ざけるような行動をしてしまうのです。

例えば、あなたが「私なんて価値のない人間……」と考えて、自分自身を粗末にしてしまえば、周囲の人からも軽く扱われたり無視されるということが起こりえるのです。また、自分の言いたいことを我慢して人の顔色を伺っていれば、支配的な人に威圧的に接せられるということが起きる可能性もあります。

人と人との関係は、互いに関わり合って成立するため、自分が問題となる行動を起こしていれば、それに比例するかのように、人間関係の亀裂・支配などが起きかねないのです。