ナショジオ

スペシャル

ナショジオが見た 船の墓場の過酷な実態 バングラデシュ

2014/5/11

ナショナルジオグラフィック日本版

ナショナル ジオグラフィック最新号から、注目の記事を紹介。バングラデシュでは、生きる糧を得るために、男たちが世界屈指の危険な仕事に群がる。海岸を舞台にした大型船舶の解体作業だ。

外洋を航海する船は、解体するときのことを考えて建造されるわけではない。過酷な環境や自然の猛威にも耐えるように設計され、アスベストや鉛などの有害物質も使われている。

こうした船を先進国で解体すると、規制が厳しく費用がかさむため、世界の船の大半は、人件費が安く規制のゆるやかなバングラデシュやインド、パキスタンといった国々で行われている。

業界の体質を改善する動きもあるが、国によってまちまちだ。インドでは労働者の安全確保や環境保護が、以前よりも厳格に義務づけられるようになっている。

だが、2013年に194隻もの船舶が解体されたバングラデシュでは、解体は今も汚れ仕事で、その現場は危険きわまりない状態のままだ。

■巨額の利益が上がる船舶解体ビジネス

船舶の解体は今も巨額の利益が上がるビジネスだ。バングラデシュの海岸沿いの街・チッタゴンで解体業界への抗議活動を展開する人々によれば、平均的な船の解体には3~4カ月の期間がかかり、約5億円の投資でざっと1億円もの利益が見込めるという。これがパキスタンなら、同様の解体による利益は2000万円弱というから、その差は大きい。

ただし、バングラデシュ船舶解体業者組合の元理事ジャファル・アラムに電話で問い合わせたところ、利益率はそこまで高くはないとの回答だった。

いずれにせよ、利益は船の90%以上を徹底的にリサイクルすることで生まれる。解体業者はまず、国際市場で船を扱うブローカーから老朽船を買い取り、専門の船長を雇って、大型船を解体現場の海岸に乗り上げさせる。

ナショジオ新着記事

ALL CHANNEL