全国調査で分かった、「お笑い芸人」の最新人気図日経エンタテインメント!

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)時代になって浮き沈みが一層激しくなったといわれる芸能界。なかでもバラエティー番組で毎日見る「お笑い芸人」の人気はどうなっているのだろう。そこで日経エンタテインメント!が、全国の男女1000人を対象に、お笑い芸人の「一番好き」「2013年にブレイクした」「一番嫌い」を調査(調査時期:2013年11月7日~11月13日)。その結果を基に、彼らの人気動向を解説する。

【一番好きな芸人】 強さ健在のさんまに続き、有吉が大躍進

「好きな芸人」の1位は明石家さんま。その理由は「キャラクターが好き」(64.7%)がトップで、「ネタが面白い」がそれに続く(55.4%)。20代以下の男性を除くすべてのカテゴリーで首位という圧倒的な強さを見せた。

人気を支えるのは、58歳になっても衰え知らずのトーク力だ。生放送と収録ものに出演している姿を比べてみると、レベルの高さがよく分かる。どちらもほとんど変わらないさんまは、テロップや効果音に頼らず臨場感のある笑いをその場で生み出している。そんなハイクオリティーなしゃべりが幅広い層に受け入れられ、「好き」の首位独走を支えている。

2位は有吉弘行で、「キャラクターが好き」(81.5%)が一番の理由。2013年は冠番組が4本スタートと絶好調の1年だった。さんまとはダブルスコア以上の差だが、30代では、さんまが40票に対し有吉が25票と、その差は縮まっている。視聴者の思いを代弁するトークで笑いをとる有吉は、特に自身と同世代からの支持が高いことがアンケート結果からうかがえる。

3位の内村光良は、さんま、有吉と同様、「キャラクターが好き」(79.1%)が選ばれた理由のトップだ。ただし、2人と大きく異なるのは、司会・進行役(MC)を務めるバラエティー番組以外にスタジオコント番組(『LIFE!~人生に捧げるコント』BSプレミアム)を持っている点。1人で爆笑を生み出すというよりも、チームワークで笑いを築き上げていくタイプなので、どの番組からもやわらかい雰囲気が伝わってくるのが特徴だ。2013年にはMCを務める新番組が2本スタートしている。

●調査概要
現在活躍しているお笑い芸人の人気度を測る世論調査を実施。
[質問項目]編集部が抽出したお笑い芸人200組を対象に、「一番好きなお笑い芸人」「一番嫌いなお笑い芸人」「2013年にブレイクしたと思うお笑い芸人」について、当てはまる芸人をそれぞれ1組選択。併せて、その理由を各設問の選択肢(5項目)からいくつでも選んでもらった。
[調査方法]ウェブ調査、[実査期間]2013年11月7日~11月13日
[回答者]日経BPコンサルティング調査モニターより1000人が回答。男女は半々。20代以下14.7%、30代29.7%、40代29.6%、50代以上26.0%

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
ツッコミ型の司会者タイプが上位に並ぶ
エンタメ!連載記事一覧