出世ナビ

職場の知恵

突然の訃報に戸惑わない 弔事マナーの基本

2012/11/21

 いざとなってからでは遅い。通夜や告別式などで、その場の雰囲気を壊さず、故人を見送るためのマナーとは。
(この記事のイラスト:龍神貴之)

 訃報を知り、まず迷うのが弔問のタイミングだろう。「近親者以外で臨終直後に駆けつけるのは故人の親友くらい」と、メモリアルアートの大野屋の川瀬由紀さん。「葬儀準備で喪家が取り込んでいるときの訪問は、迷惑になることも。一般的な友人・知人は通夜や葬儀・告別式に参列しましょう」。

 通夜は遺族や近親者が夜通し故人との別れを惜しむ場で、一般の人は葬儀・告別式に列席するのが本来の形。だが近年は、一般の人も仕事の都合がつきやすい通夜に出席するケースが多い。

 弔問すべき間柄であるのに参列できない場合は、参列する友人に伝言を頼み、香典を預ける。それもかなわなければ、弔電を打ち、香典は郵送するか、後日手渡す。

 葬儀・告別式に着るのは当然喪服。では通夜は?「以前は通夜に喪服を着るのは、故人の死を予期し準備していたようで好ましくないと考えられていましたが、通夜が『葬儀代わり』となっている今、通夜から喪服を着用するほうが行き届いた印象となります」。

 着替えに戻る時間がなく、明るめの色のスーツなどで通夜に参列せざるを得ない場合は、せめて黒いネクタイを調達して出席を。

【弔電】 弔電はどこへいつまでに出す?

 告別式でどの弔電を読むか、遺族と葬儀担当者が打ち合わせるのは葬儀開始の数時間前だが、遅くとも式が始まる前までに届くよう、葬儀会場に送りたい。間に合わないようなら、後日改めてお悔やみの手紙を送るといい。

マナー 葬儀場所に式が始まるまでに送る。

どの範囲の知り合いまで広めていい

 会葬者を限定しない通常の葬儀か、内輪のみで行う葬儀かを、まずは遺族に確認する。前者なら式の日時や場所を広く知らせて構わない。後者はそもそも、一般会葬者の弔問自体を受けないため、告知自体が不要となる。

マナー 通常の葬儀なら幅広く知らせてOK。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL