書籍・マンガ編集者が語る ベストセラーの舞台裏日経エンタテインメント!

ビジネス構造が変化している出版業界。ヒット作と売れない作品の差が広がるなかで、ヒット作の編集者は、どんな手を打っているのか。昨年最も売れた書籍『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を手がけた加藤貞顕氏(ダイヤモンド社)、小栗旬と岡田将生主演の映画が2012年春公開の原作マンガ『宇宙兄弟』担当編集・佐渡島庸平氏(講談社)、直木賞候補作『ジェノサイド』を担当する足立雄一氏(角川書店)の3人に、市場動向から、仕事をする上でのポリシーまで、それぞれの立場で語ってもらった。

ラノベ人気から見えること

――この1年ほどの出版業界で目についた動きはありますか?

加藤貞顕(以下、加) 本の市場では、若い層向けの本と年配層向けの本が増えている気がします。

足立雄一(以下、足) 若い層向けでは、ライトノベル(ラノベ)は勢いがありますね。

佐渡島庸平(以下、佐) 僕らの世代は、高校時代に村上春樹さんを読んでいましたが、今の子は西尾維新さんを読んでいるのかな?

足立雄一(あだち・ゆういち)  1975年生まれ。角川書店編集局所属。月刊誌『本の旅人』編集長。エンタテインメント小説の編集者として、単行本・文庫を手がける。担当作家は、伊坂幸太郎(『マリアビートル』)、海堂尊(『モルフェウスの領域』)、仁木英之(『黄泉坂案内人』)など (この記事の写真:小田原リエ)

 桜庭一樹さんや有川浩さんのブレイクも含め、文芸とラノベの垣根はなくなっているので、ありえますね。ただラノベは読者の回転が本当に早く、作家が、読者の言葉の感覚についていけなくなるケースが少なくないと聞きます。

 ラノベの言葉感覚は、独特ですよね。『とある魔術の禁書目録(インデックス)』というタイトルを初めてamazonで見たときに、すごくいいタイトルだなと思ったのを覚えています。「とある」といきなり付ける発想は、僕にはない。

 ラノベの読者層は、本来は、マンガがターゲットにしていた人たちなんじゃないですか?

 そう思います。出版社が、少年マンガ誌をうまく機能させられていないから、読者がラノベに移っている気がします。マンガ誌編集者の平均年齢が30代後半から40代のときに、10代向けは作れないですよ。ただ、ラノベも気をつけないと、マンガの二の舞になりますね。

足 作り手があっという間に読者に追い抜かれてしまうという…。

――ベストセラーや話題作で、気になる作品は?

 『謎解きはディナーのあとで』のヒットは「本屋大賞」受賞も大きかったですが、作者の地元・広島から仕掛けていくとか、大賞を取る前から営業や書店の取り組みが効果的に回って売れた作品だと思います。『のぼうの城』や『神様のカルテ』もそうですが、小学館ならではの、1作品を推していく力を実感しましたね。

――賞の影響は大きい?

 マンガで部数に影響する賞は、「マンガ大賞」と「このマンガがすごい!」ですね。部数への影響はほとんどないものの、小学館と講談社の「漫画賞」は、マンガ業界にいる身としてうれしい賞です。結構“ガチ”で選考していることを知っているので。『宇宙兄弟』で両方受賞したときはとてもうれしかった。

エンタメ!連載記事一覧