家族で共有できる? 大人のためのタブレット(上)

いつでも手軽にネットにアクセスできるスマートフォン(スマホ)が人気ですが、画面が小さく読みづらい、狙った場所をタッチしにくいと感じる人も少なくないでしょう。仕事でパソコンを利用する時間が長くて目が疲れがちな人も、オフタイムはゆったりと画面を見たいもの。そんな大人にオススメなのは、選択肢が増え、価格もこなれてきたタブレットです。全2回の本連載では、初めてタブレットを買う大人が抱く素朴な疑問に答えていきす。今回は「スマホとどう使い分ける?」「贈り物に向いている?」「家族で共有できる?」といった疑問を取り上げます。

【Q1】新製品ラッシュですが、買い時はいつ?

――新製品は続々登場しますが、そろそろ性能は十分になってきました。最近の製品なら今が買い時でしょう。

今後もタブレットの新製品は続々と登場してくるはずだ。この2~3年の製品の進化には目を見張るものがあった。特に処理性能の進化は目覚ましい。1~2年前の製品では最新ゲームアプリの動作が重く感じることもあるが、この夏の新モデルならほぼ快適に使える。今購入したタブレットなら、2~3年は十分に満足して使えるはずだ。

性能は順当にアップしているものの、その割合は少しずつになってきている。進化の速度がゆっくりになったと考えてよいだろう。

また、液晶の高解像度化もトレンドだが、解像度の高い製品はまだ価格が安いとはいえない。例えばアップルの「iPad」レティーナディスプレイ搭載モデルは2048×1536ドットという緻密さを誇るが、入門用としては解像度が高くない3万円程度の製品でも十分だ。

手書き文字入力やお絵描きにチャレンジしたい人も、対応製品が登場し始めている。特に「デジタイザー」と呼ぶ方式のペンに対応したモデルを買うと、紙にボールペンで文字を書くときのような滑らかさで快適に手書きができる。ただし、まだ選択肢が多いとはいえないので、すでにタブレットを持っている人の買い替えは、少し様子を見てもよいだろう。

【Q2】タブレットはどれも大差ないものですか。

――外観はどれもとてもよく似ていますが大きな違いがあるので気を付けましょう。

左が「dタブ」で、右は「アローズタブ」。まったく違う製品だが、外観は非常に似ている

正面から見るとほとんど画面しかないタブレットは、どれも同じように見える。しかし、iPadとAndroid(アンドロイド)タブレットはまったく違う製品なので、違いを把握して購入したい。

また、1万円台前半で売られているような製品には、それなりの理由がある。古すぎる製品を買うと後悔するので、型落ちでも一年以内に発売されたモデルがオススメだ。発売時期を店員に聞いてみよう。また、聞いたことのないメーカーの激安タブレットも見送りが無難だ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧