AKB48、未来をかけた「選抜総選挙」の行方

2013年末の『NHK紅白歌合戦』で大島優子が卒業を発表。絶対的エースの卒業が象徴するように、近年のAKB48グループではメンバーの世代交代が加速。同時に“次の顔”を探し、育てるための動きが激しくなっている。2013年11月の「ドラフト会議」を皮切りに、「大組閣」「チーム8」設立など新たな試みを続けるAKB48グループ。次の時代を引っ張る新しい顔は登場するのか。その答えは「第6回AKB48選抜総選挙」で明らかになる。

国民的アイドルになり数年が経過して、AKB48人気は落ち着いたと見る声も少なくない。しかしデータを見れば、2014年5月のシングル『ラブラドール・レトリバー』が発売初日に146万2000枚を売り上げ、17作連続、通算18作目のミリオン突破となり記録更新。その人気は衰えを見せていない。

だが、スタッフやメンバーに危機感がないわけではない。この1年で大島の他、篠田麻里子、板野友美とトップから3人が卒業。彼女たちに代わってグループを引っ張る存在の成長が待たれており、そのための一手として、「ドラフト会議」や「大組閣」などが行われた。

卒業、もしくは卒業を表明し、今年立候補していないメンバーは赤字で表記

人材交流により組織を活性化

「AKB48の未来を考えると、今回の組閣が行われた意味は大きい」と語るのは、AKB48の楽曲のディレクターを務める湯浅順司氏だ。「かつてSKE48の松井珠理奈が、『大声ダイヤモンド』で11歳にして初めてAKB48の選抜メンバーに選ばれたとき、篠田麻里子が礼儀作法の基本から細かく教えていた姿を見たことがあります。今回の組閣でも、兼任や移籍で他の姉妹グループと初めて交流するメンバーが、様々なノウハウを受け継ぐでしょう。それを自らのグループに持ち帰ることで、各グループがレベルアップするはずです」と湯浅氏は話す。

次のページ
目線はその先へ、「次の次」の世代にも注目
エンタメ!連載記事一覧