N
エンタメ!
東京ふしぎ探検隊

2013/11/15

東京ふしぎ探検隊

晴海や豊洲にかつて貨物鉄道があった

台場公園にはかつてペリー来航後に作られた砲台があった。現在あるのは復元したもの

ところで、ゴミ処分場ではないところを含め、埋め立て地の地名にはめでたい名前が多い。豊洲、晴海、辰巳、有明、東雲、そして夢の島……。

埋め立て第1号だった月島は「島を築く」という意味の築島が有力候補だったが、「島が月の形に見えることやイメージを考慮して月島になった」(中央区郷土天文館の増山一成さん)。「お台場」は幕末にペリーが来航した後、砲台が築かれたことに由来する。砲台のある台場に敬称を付けて「御台場」と呼んだ。

ちなみに晴海と豊洲を結ぶ橋の名前は春海橋。晴海ともどもイメージのよい名前ではあるが、なぜ「晴」から「春」に変えられたかはわからなかった。

春海橋のそばには、かつての臨港鉄道の線路が残っていた

この春海橋のすぐそばに、使われていない古びた橋が架かっている。よく見ると、線路が敷設してある。これは何なのか。

「昔、ここに貨物鉄道が通っていたんです。越中島から豊洲を経て晴海ふ頭まで走っていました」(増山さん)

貨物線は東京都が運営し、越中島駅で当時の国鉄の貨物線と接続していた。この晴海線は1989年(平成元年)に廃線となったが、橋はそのまま残された。


東京都庁は晴海になる予定だった?

前回(日本初の万博、大阪ではなく東京で開催予定だった)、前々回(1940年に幻の東京五輪 渋谷~成城の鉄道計画も)の東京ふしぎ探検隊で書いた1940年の東京五輪と万博計画もそうだが、東京湾の埋め立て地は東京市(現・東京都)にとって戦略的な場所だった。イベントの誘致や飛行場計画だけでなく、役所そのものも埋め立て地に移す計画だった。

かつてここに東京市の市庁舎が移転してくる予定だった(晴海トリトンスクエア)

1932年(昭和7年)、東京市は有楽町(現・東京国際フォーラム)にあった市庁舎を月島4号地(現・晴海)に移すと決めた。ちょうど現在、晴海トリトンスクエアがある辺りだ。住民の反対などから計画は頓挫したが、実現していたら、その後の東京都庁の新宿への移転はなかったかもしれない。

数々のイベントが企画された東京湾の埋め立て地。2020年の東京五輪では、夢の島や新夢の島(若洲)、そして中央防波堤がそれぞれ会場となる予定だ。空港予定地からゴミの島、そして五輪会場へ。埋め立て地の動向は、東京の今を映し出す。(河尻定)

読者の皆様のコメントを募集しています。
コメントはこちらの投稿フォームから
エンタメ!連載記事一覧