実は危険、肥満を招く「果糖」 ジュースに気をつけて

食後血糖値を上昇させない甘味料の成分として知られてきた果糖。最近、果糖のとりすぎに警告をうながす臨床研究が相次いでいる。果糖の過剰摂取は肥満や脂肪肝の原因になるという。
糖質が消化吸収された後、ブドウ糖はそのまま血中を流れ、エネルギー源として利用されるが、果糖はそのほとんどが肝臓で代謝されるため、血液中にはあまり見られない(イラスト:すべて平拓哉)

糖質(炭水化物)は、単糖類と呼ばれる最小単位の物質が複数つながった構造を持つ。食品総合研究所糖質素材ユニット長の徳安健さんは「ご飯などに含まれるデンプンや砂糖など主な糖質は、胃腸で分解され、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)など単糖類として吸収される」と話す。

糖質は三大栄養素の一つだが、近年、食後に血糖値の急上昇を招き、肥満や糖尿病の原因になることが問題になっている。そのため「食品科学の分野では、糖質の消化・吸収を穏やかにする成分が開発され、特定保健用食品などに利用されてきた」と徳安さん。

天然の甘味で食後血糖を上げない成分として注目されたのが果糖。果糖は果物などに豊富に含まれる。吸収されてすぐ血中に移行するブドウ糖に対し、果糖はほとんどが肝臓で代謝される。そのため甘いものが欲しいとき、果糖を中心にとれば血糖値は上がらず、肥満を防げるはずと考えられ、果糖を主成分にした健康食品も人気を集めた。

実はこの果糖も、とりすぎはリスクがあると分かってきた。帝京大学医学部の山内俊一さんは「血液中の糖は、エネルギーとして使われる一方、体のたんぱく質と結びついてAGEs(終末糖化産物)を作り出し、毛細血管を傷つけるなど“毒性”を持つ。果糖は体内のたんぱく質と結びつく力が理論上、ブドウ糖の約100倍であることが分かってきた」と話す。

果糖が健康食品に多く使われてきた理由
・ 甘味料として味が優れている
・ 同じ甘さならブドウ糖より低カロリー
・ トウモロコシを原料に大量生産が可能
 →清涼飲料水、菓子などに大量に用いられるように
・ 健康によいイメージの果物に豊富に含まれている
・ 小腸で吸収後、肝臓で代謝されるのでブドウ糖のように血糖値を上昇させない
 →果糖を中心に含んだ健康食品も登場(高果糖コーンシロップ、アガベシロップなど)
糖の吸収を穏やかにする一般的な6つの方法
1.食事の時間・方法を最適化する
 一度に大量に食べず、1日3食を守るなど規則正しい食習慣に。
2.消化性が低下した食品を摂取する
 冷やご飯のデンプンは、温かいものより消化に時間がかかる。
3.滞留性の高い食品を摂取
 野菜から先に食べる方法などで、糖の胃から腸への移行を遅くする。
4.糖質分解酵素の活性を阻害
 豆鼓エキスなどは、腸における糖質消化酵素の働きを抑制する。
5.糖の吸収活性を阻害
 難消化性デキストリンなどは、ブドウ糖の吸収を阻害する。
6.インスリンの分泌を促進
 積極的な運動習慣などで、インスリンの分泌能を維持するなど。
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント