各停女子、特急女子、回送女子…離婚式プランナーが見た恋愛列車模様

地味めな服装に、化粧っ気のない顔。お世辞にもあか抜けているとは言い難い十人並みの容姿。一見、モテを象徴する“女子力”とは無縁の存在ながら、なぜだかいつも男性から好意を持たれ、常に彼氏が途切れない――。アナタの周りに、こんな女性はいないだろうか――

地味めだけど彼氏が途切れない 魔性系「各停女子」

“男性にしか分からない独特のフェロモンでも出ているのかしら…”。そんな風に思わざるを得ないモテぶりは、時に“魔性の女”と思えるほど。とりたてて努力するわけでもなく、恋のチャンスを確実にモノにしていく彼女たちは、同性からすれば、ある意味うらやましい存在だ。しかし、じっくり腰を据えた恋愛関係を作りあげるのは苦手なようで、1人の相手と長続きすることがなく、結婚には、なかなかたどり着くことができない――。

(この記事のイラスト:なとみみわ)

そんな恋愛スタイルを繰り返す女性たちを電車になぞらえて、「各停女子」と呼ぶのは、離婚式プランナーの寺井広樹さんだ。

「彼女たちは、結婚という“終点”にはなかなか到着せず、まるで“恋の各駅停車”を繰り返しているようにも思えます」

後ろめたさの伴う“離婚”を、前向きな門出に変えるべく、これまで150組以上の「離婚式」のセレモニーをとりおこなってきた寺井さんのもとには、結婚に関するさまざまな恋の悩みが寄せられるという。「各停女子」という言葉を思いついたのも、“結婚にたどり着けない”という女性たちの悩みから、ある共通点を感じたことがきっかけだった。

「皆さん、付き合った彼氏の数は多いのに、交際期間が短いんです。1年以上続く人はまれで、なかには3カ月程度で出会いと別れを繰り返す人も。正直、行き当たりばったり感は否めません」

しかし、“恋多き女”と言っても、一度に何股もかけて男性を手玉に取るわけでもなく、自ら駆け引きを仕掛けるような“策士”でもない。「各停女子」の恋は、あくまで一途なのだと、寺井さんは言う。

「恋愛には、真面目で一途。のめり込みやすい“恋愛体質”なのですが、熱しやすく冷めやすいのです。しかも、前の恋を振り返る間もなく彼氏ができるので、失敗を省みる機会を持たないんですね」

壁にぶつかっても、関係修復のために努力をしたり、粘ることなく、次の恋へと駒を進める。その結果、じっくりと恋愛を育てることができず、同じ失敗を何度も繰り返してしまうのだ。

次のページ
「各停女子」の対極!? 「特急女子」とは?