50年の流人生活、天下のご意見番支えた食生活戦国武将の長寿食(2)

国盗り合戦が繰り広げられた戦国時代に、驚くべき長寿を全うした武将たちがいた。平均寿命がわずか37~38歳であった当時、70歳を超えて生きることはたやすいことではなかった。長寿で知られた武将たちの息の長い人生と健康の秘密は、日々の食へのこだわりにあった。

宇喜多秀家(84歳)×アシタバ飯】
■生涯 流人の島でたくましく生きた

備前岡山の大名にして、豊臣政権の五大老の一人でもあった宇喜多秀家。眉目秀麗で秀吉からもかわいがられ、秀吉の猶子(養子の一種)として若くして従三位中納言に任じられたエリートは、関ケ原の合戦を境に人生が一転する。石田三成とともに西軍副大将として戦った秀家は、家康率いる東軍に大敗。島津家を頼って薩摩に落ち延びるが、結局は家康側に引き渡され、八丈島に流罪となってしまう。

伊豆七島に多く自生するアシタバは、江戸時代、八丈島に島流しとなった流人たちが、体力をつけるために食べ始めたという。秀家は、長寿草とも呼ばれるアシタバを煮て刻んだものを、麦やアワなどの雑穀に混ぜて食べていた

罪人として八丈島で過ごした秀家が、過酷な島の生活のなかで84歳まで長生きできた秘訣。それはアシタバ飯にあった。アシタバは長寿草とも呼ばれ、伊豆七島に多く自生するセリ科の植物。秀家は麦、アワなどの雑穀に、煮たアシタバを混ぜて主食にしていた。

「アシタバは、ポリフェノールの一種で抗菌・血行促進作用があるカルコンという成分を含み、老化を防ぐカロテンなど長寿に役立つ成分が豊富です。さらに当時の八丈島では米が取れず、秀家はほとんど白米を食べなかった。このため血糖値が上がらず、健康に過ごせたとも考えられます」(食文化史研究家の永山久夫さん)。

また、海に囲まれた島暮らしで、サザエなどの魚介類や海藻を捕ることができた。アシタバ飯とわずかな魚介のおかずという質素な食事が、長寿の要因となったようだ。

秀家の妻は、前田利家の娘、豪姫である。豪姫は夫と子が流罪となった後、兄・前田利長のもとに移り住み、金沢で余生を送った。秀家は加賀前田家から、食料、衣類などの援助を受けていたが、それでも生活は困窮を極めた。江戸から八丈島に赴任した代官が、秀家に握り飯をごちそうすると、1つだけ食べ、残りの2つは家族のみやげに大切そうに持ち帰ったという逸話が残る。

「自然のなかで暮らし、ひたすら島中を歩いた秀家は恨み・つらみを忘れ、仏の境地に達していたのかもしれません」(永山さん)。

家康の死後、恩赦で刑が解かれても秀家は八丈島にとどまり、島での暮らしは実に50年間にも及んだ。亡くなったときはすでに4大将軍家綱の治世であった。悲劇の武将・秀家こそが、関ケ原で戦った戦国武将のなかで誰よりも長く生き延びたのである。

うきたひでいえ。1572~1655年。備前岡山城主、宇喜多直家の次男として生まれる。元服の際、豊臣秀吉から「秀」の字を与えられ秀家と名乗るなど、秀吉の寵愛(ちょうあい)を受ける。小田原征伐などに参加して豊臣政権を支え、五大老として活躍するが、関ケ原の合戦に敗れ八丈島に流刑となった。