おなかスッキリ腹持ちアップ 人気急上昇の「グラノーラ」

グラノーラの人気が急上昇している。なかでもドライフルーツやナッツ入りのフルーツグラノーラの勢いは著しい。右肩上がりの人気で、すっかりシリアル界の“顔”的存在となったフルーツグラノーラ。定番の食べ方だけでなく、普段の食事にプラスアルファして、賢く使いこなすワザを紹介しよう。

グラノーラは、オーツ麦を中心に、トウモロコシ、ライ麦、米などの穀物を、ハチミツなどの糖分や油脂分を加えて焼き上げたシリアルの一種。ドライフルーツやナッツなどがミックスされることが多い。グラノーラという名前は、粒状の(グラニュラー)、穀物(グレイン)という言葉から来たという説もある。

数種類の穀物やフルーツ、ナッツからなるフルーツグラノーラは、良質な炭水化物と良質な油、ミネラル・ビタミンが一度にとれる優れた食品だ。中でも注目したいのは、グラノーラの主原料として使われるオーツ麦。日本ではあまりなじみがないが、栄養面では大麦と似ており、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を豊富に含む優秀食材なのだ。

【オーツ麦】食物繊維、ミネラルたっぷり「雑穀」代表

オーツ麦

 オーツ麦は、食物繊維量が玄米の約3倍。水分を抱え込んで食べたものの吸収を緩やかにし、血中コレステロールを減らすβ-グルカンなどの「水溶性食物繊維」を可食部100g当たりに3.2g含む。また、水を吸って膨れ、便のかさとなり腸の働きを促す「不溶性食物繊維」が6.2gとどちらも多い。穀物の中ではカルシウム、鉄分などミネラルの含有が多いのも特徴だ。米国では、オーツ麦入り製品に、コレステロールを下げたり、心臓病のリスクを低減すると表記できる。

グラノーラには、ほかにこんな穀物が入っているものも
大麦、ライ麦、玄米、トウモロコシ、小麦、ふすま

ドライフルーツ

【ドライフルーツ】抗酸化成分で美肌づくり

フルーツのさまざまな彩りは、美肌にもつながる抗酸化成分の証し。ポリフェノール(レーズン、クランベリー、イチジク、イチゴほか)や、β-カロテン(アンズ、マンゴー、パパイヤほか)がドライフルーツには豊富に含まれている。

【ナッツ】良質な油と歯ごたえをプラス

ナッツ類

カリッとした歯ごたえが魅力のナッツ。カロリーが高いと敬遠されがちだが、n-9系油のオレイン酸やn-3系油のα-リノレン酸など、良質の不飽和脂肪酸が豊富。体脂肪をたまりにくくしたり、血中の中性脂肪を減らす作用を持つ。

次のページ
続ければ、お腹すっきり、腹持ちアップ!
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント