自分の行動が筒抜けのワケ どう防ぐ、SNSのトラブル

ブロックにも限界あり

Twitterにも迷惑な相手を「ブロック」する機能があり、相手からのメッセージが来ないように設定できる(図20)。

図20 Twitterの場合は、相手のプロフィールページを表示してメニューから「○○さんをブロック」を選ぶと、その相手からの返信やダイレクトメッセージが届かなくなる(左)。ただし、相手はこちらのツイートを完全に読めなくなるわけではなく、そもそも「ログアウト」すれば自由に読める(右)。読まれたくない場合はツイートを非公開に設定するしかない
図21 Twitterには、特定のフォロー相手の投稿を非表示にする機能がない。ただ、スマートフォン用の他社製アプリの中には、非表示の機能を備えるものもある。図は、NECビッグローブが開発した「ついっぷる」の例。ユーザー名を長押しして「ユーザ一時非表示」を選べば、そのユーザーのツイートは表示されなくなる

ただしTwitterの場合は、相手が自分のURLを指定すれば、ブロックしてあっても投稿を見られてしまう。見られること自体を防ぎたいなら、「ツイートを非公開にする」機能を利用する。

またTwitterには、フォローしている相手の投稿を非表示にする機能もない。読みたくなければフォローを外すのが普通で、それを気にしないという人がTwitterには多いからだ。フォローを外さずに非表示にしたいなら、第三者が開発したTwitter閲覧用アプリのうち、「非表示」「ミュート」などの機能を備えたものを利用しよう(図21)。

(日経パソコン 大橋源一郎)

[日経パソコン2013年4月8日号の記事を基に再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧