百花繚乱、最新デジカメ すぐ見つかる「最適の一台」

年末商戦に向けたデジタルカメラの新製品が続々と登場し、まさに百花繚乱(りょうらん)の様相を呈している。ズーム倍率が高いレンズ一体型や、描写力を高めた高級コンパクトなどが特に充実してきた。自分に最適の一台はどれか。最新デジタルカメラのジャンルや価格分布、トレンドを解説するとともに、注目モデルについて詳細な仕様や特徴を紹介する。

デジタルカメラは、レンズ一体型のコンパクトタイプと、レンズ交換式のデジタル一眼に大きく分けられる。さらに、レンズや撮像素子の性能、操作性、価格などによって、もっと細かく分類できる。

デジタルカメラの購入に当たっては、求める機能や本体サイズ、予算、使用者のスキルなどに応じて、適切なジャンルがどれなのかをまず見極めることが肝心だ。そのジャンルの製品の特徴やトレンドを頭に入れてから製品を比較検討し、自分に合った最適な一台を見つけよう。

超望遠撮影対応のレンズ一体型も

現在、デジタルカメラは「低価コンパクト」「スリム高倍率ズーム」「高倍率ズーム」「高級コンパクト」「ミラーレス一眼」「APS-C型一眼レフ」「フルサイズ一眼レフ」の7ジャンルに大きく分類できる(図1)。

図1 最新デジタルカメラのジャンル分けと新製品の傾向。高画質、高性能、多機能な製品ほどボディーは大きくなる傾向がある。自分の使い方に合わせてジャンルを選ぼう

2012年秋に登場した製品のうち、レンズ一体型では、ズーム性能が高い「高倍率ズーム」と、レンズの描写力を重視した「高級コンパクト」の新製品が充実している。前者は、レンズのズーム倍率の向上がトレンドで、1200mmという超望遠撮影が可能な製品が登場した。後者は、デジタル一眼並みの撮影性能や操作性を小型ボディーに凝縮した機種が増えた。携帯性と性能を両立させたい人は注目のジャンルだ。

図2 製品選びで、自分の用途に合っているかチェックすべきポイントをまとめた。上から5項目は仕様からある程度判断できる点。中央の3項目は、仕様を見ても実際の能力が分かりにくい。下の3項目は、要・不要が用途により分かれる項目だ

レンズ交換式デジタル一眼では、昨今主流になった「ミラーレス一眼」と、大型の撮像素子を搭載して画質を重視した「フルサイズ一眼レフ」に新製品が多い。ミラーレス一眼は、ピント合わせの速度や暗所での画質が向上し、一眼レフとの差が縮まった。フルサイズ一眼レフは、従来よりも本体の小型・軽量化や低価格化が図られ、入手しやすくなった。

カタログ値では分からないピント合わせ速度

図2に製品選びの際の主なポイントをまとめた。注意したいのが、カタログやWebサイトに掲載されている仕様などの情報から性能がある程度判断できる部分と、判断が難しい部分が混在することだ。

特に、ピント合わせの速度は具体的な記載がないため、購入前に店頭などで実機を手に試写して確認するしかない。画質は店頭でも判断しにくいので、メーカーのWebサイトにある実写画像などを参考にすると良い。

次のページ
レンズ性能は広角側も重視
MONO TRENDY連載記事一覧