先輩・上司や取引先と良い関係を作るには

今年、新入社員となった皆さんは職場にも慣れてきたと同時に「このままでいいの?」、「仕事がうまく回っていかない」など、焦りや不安を覚えることはないですか? 日経ウーマンオンラインでは働く女性の皆さん約1300人にアンケートを行い、ご自身の経験をもとに、「新入社員の心掛け」や「モチベーションアップの秘策」「私だってあった! 失敗談、後悔話」などオフィスで役立つヒントを教えてもらいました(調査期間:2013年04月1日(月) ~ 2013年04月30日(火)、回答者数:1324人)。
まずは、学生時代とは違うオフィスの人間関係に悩むあなたに「新入社員の極意。 先輩・上司や取引先とうまくいくヒント」をお届けします。

【ヒント1】 まずは早起き&挨拶で、職場での印象をアップ

慣れない社会人生活に、朝はちょっぴりボンヤリ気味…。気持ちは分かりますが、ほんの少しの心掛けで上司や先輩の印象はグンとアップするようです。

できる仕事が少ないからこそ、挨拶が大事
「新入社員の間は何もできないので、とにかくフレッシュに明るく感じよく、挨拶や返事を心掛けていました。こちらからは多すぎて見分けがつかない先輩達。でも、向こうからしてみればこちらは大注目の新入社員。すべての人に感じよくふるまったことで、ランチや飲み会にも声をかけてもらえるようになり、人脈が広がったと感じています。アドバイスできるとしたら、とにかく自分から挨拶することです」(27歳)

自分から率先して声を出す
「自分からする挨拶は本当に大切だと感じました。子どもっぽいかもしれなくても、大きな声で明るい笑顔とともに挨拶をすること、たったそれだけのことですが、新しい環境になじむための大きな一歩だと思います」(31歳)

他部署との連携にも役立つ
「積極的に挨拶を。社内で他部署の名も知らない人に対しても『こんにちは』。今でも実践しています。他部署に問い合あわせや依頼をすることになっても、日々の挨拶によって円滑に進みます!」(27歳)

返事の仕方も重要
「私は入社したてのころ、『返事がいいね』と褒められたのを今でも覚えています。『はい!』としっかり返事をし、とにかくたくさんメモをとることが大事だと思います」(25歳)

朝時間を有効に使う
「誰よりも早く来て、机を拭いたり、ポットのお湯を用意したりしていたことで、周囲への配慮ができるようになった。また、早く出社することで始業までに仕事の準備ができ、定時からフル回転で仕事ができるようになった」(27歳)
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら