WOMAN SMART

ライフスタイル

早起きが苦手な人のための睡眠&起床テク

2013/7/3

【夜、質のいい睡眠をとりたい派】

不安や悩みで眠れないときは、保冷剤で頭を冷やす

悩み事があったり、夜遅くまで仕事をしたりして、脳の働きが活発になると、脳の温度が下がりにくく、寝つきが悪くなる。そんなときは、保冷剤などで頭(耳よりも上)を冷やして。自然と余計な思考がストップする。

ベッドや布団に本やケータイを持ち込まない

「脳は場所と行為をセットで記憶するので、ベッドで本を読んだり、ケータイを使ったりすると、ベッドに入っても脳が休まりにくくなってしまいます」。眠りを遠ざけるものは枕元に置かず、ベッド=寝る場所と脳に教え込もう。

アロマキャンドルをたいて入浴する

浴室は照明と目との距離が近く、意外と光が強い。そのため、睡眠を促すホルモン、メラトニンが減る可能性も。特に頭をフルに使った日は、アロマキャンドルの灯や脱衣所の電気だけで入浴すると、脳がお休みモードに入りやすくなる。

ソファーで眠らない

ソファーで寝ることを繰り返していると、脳はソファーが本来の眠る場所だと勘違いして、ベッドでの眠りの反応が薄まり、熟睡できなくなってしまう。眠る場所と活動する場所の区別を明確にし、脳を混乱させないこと。

レッグウオーマーで足首を温める

「夏の暑い時期でも、足首は冷えています。足首が冷えると、内臓の温度を上げて体を守る反応が。内臓の温度が高いと眠れません」。反対に、足首を温めると足の裏から放熱して内臓の温度が下がる。入浴後は足首をカバーしよう。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
25歳社長・酒向萌実が実践する「閉じない」働き方
日経DUAL
低学年夏のルール作り テレビやゲームの制限は
日経ARIA
吉田晴乃さん死去の前日、人生最後になった渾身の演
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
ALL CHANNEL