「おばあちゃんになってもブドウ畑を駆け回っていたいな」。ワインに生涯かかわり続け、醸造家としてもっと腕を磨きたいと願う彩奈さん。甲州の魅力を世界に広める伝道師を目指し、日本人では前例のない国際的権威「マスター・オブ・ワイン」の称号取得も考え始めた。寝ても覚めてもワインのことで頭がいっぱい。甲州ワインが世界で輝く未来を夢見て、情熱は尽きない。=写真・文 小谷裕美