世界各地の醸造所を訪ねテイスティングを重ねていくうち、気付いたことがある。ワインは作り手の性格や意思のすべてを反映する――。つまり良い製品は自分を磨くことで生まれる、と。

目指すのは、ストイックでナチュラルなワイン。仕事に一瞬たりとも気を抜かず、繊細な感受性を大切にするよう努めた。「軸がブレない、まじめで謙虚なワインですね」との感想をもらった時は、思わず心の中でガッツポーズを作った。