醸造責任者になって3年目、新ブランドのワイン造りに初挑戦した。きっかけは仕事や恋愛関係で悩む、同年代の身近な友達の力になりたいと思ったこと。さわやかで果実味があり、若い女性にも飲みやすい「セレナ」シリーズが誕生した。悩んでいた友人に手紙をつけて新酒を贈ると、とても喜んでもらえた。今も集まる時は「セレナ」を開ける。話題は、年齢とともに刻まれる思い出や経験の話になったけれど。