N
WOMAN SMART
3つ星スイーツ

和・濃厚・変化系… 2012年の絶品スイーツ5選専門家座談会

2012/12/27

3つ星スイーツ

2012年も残すところあとわずか。主に首都圏の店を対象に、食べ比べにより極上の菓子を紹介している「今週の3つ星スイーツ」。今年最後となる今回は、いつもと趣向を変更。審査を担う専門家の皆さんに1年を振り返って、今年の一押しスイーツを選び、座談会形式で語ってもらった。鋭い分析からスイーツ界のこぼれ話まで、様々な話が飛び出した。

(左から)下園昌江さん、平岩理緒さん、下井美奈子さん

300円以下のお手軽スイーツが人気に

――2012年の1回目はたい焼きでした。トレンドとなった「手軽に買えるおやつ系スイーツ」人気を象徴するようなスタートでしたね。

下井美奈子 やっぱり粉ものが強かったですね。不景気の影響からか、300円以下で買える手軽なものが人気を集めました。景気がよかったバブルの頃などは、高級食材やお酒を使った商品やティラミスなど、珍しいものを食べたいという人が多かったけれど、今はバームクーヘンやドーナツ、パンケーキなどおやつ系が注目されていますね。

ちょっとした慶事の贈り物やお土産としても使える「たい焼き」

平岩理緒 団子とか、庶民的な和の商品も人気ですね。一見、地味なんだけど、食べるとおいしいものに回帰しているのかな。

下園昌江 和菓子はデザイナーを代えたりして、おしゃれなパッケージのものが増えましたね。

「濃厚」も2012年のキーワード

――クレームブリュレやプリンの回では、濃厚なトロッとしたタイプのものが星をとりました。濃厚も今年のキーワードでしたね。

パリッとした焦がしカラメルと、とろとろのクリームがたまらない

下園 濃いといっても、甘さはそんなに変わらないですよ。単純に砂糖を増やすのではなく、香りを強めたり、乳脂肪分を増やして工夫しています。日本人は「とろける」というキーワードに弱いですね。生キャラメルや生ドーナツなども人気ですし。

平岩 味覚が変わってきているかもしれません。若い人は濃くないと味が分からないともいわれています。一方で、冷ややっこみたいな甘くないプリンもあるし、極端に味付けを分かりやすくしていますね。

下井 今は全く新しい商品を作るより、定番商品の変化系を売り出すのがはやりです。濃厚なプリンなどもその系統ですね。

次のページ
男性は保守的、プリンなど安心できる味が好き