手入れしすぎはNG 理想の眉に近づけるコツトレンドは薄く太め

女性の眉はライフスタイルや世相を投影する。濃く太くなったり細く弓状になったりして、メークの中でもはやり廃りが特に激しく、景気と連動しているという説もある。毎日描くものであり、筆の使い方次第で簡単に顔の印象も変わる。トレンドを上手に取りいれ、新しい自分の表情を楽しんでみてはいかが?

資生堂ビューティートップスペシャリストの岡元美也子さん

まずは鏡で自分の顔をみてみよう。眉毛が多い人、抜いて薄くなった人など様々だが、理想の形は眉頭が目頭の真上、眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長上にある。今年は“ふんわりと太め”を目指したい。女優でいうなら、篠原涼子さん、武井咲さんがお手本だ。

資生堂ビューティートップスペシャリストの岡元美也子さんに描き方のコツを教わった。用意するものは眉用のパウダー(3色入り)と明るいブラウンの眉マスカラ。

「パウダーに内蔵されたブラシの幅が目安になる」。初めて太眉を描くときは、どのくらい太くすればいいか戸惑う人が多い。パウダーに内蔵されたブラシの幅は、ちょうど日本人の顔に合いやすいよう計算されている。眉毛に垂直にあてて少しずつ引くと、程よい太さになる。

ポイントは太くても自然な印象に仕上げること。眉頭にかけては色を段々薄めに、毛がまばらなところは濃いパウダーで毛を植えるように少しずつ補う。最後に髪色よりやや明るめの眉マスカラで毛並みを整える。

自分にどんな化粧が似合うかを客観的に判断するのは意外と難しい。専門家に一度みてもらうのもおすすめだ。眉毛サロンのエサージュ銀座店(東京都中央区)では一人ひとりの顔の骨格、雰囲気や希望に応じて似合う眉毛を教えてくれる。1回6300円。10代から80代まで幅広い年代が来店し、4割が男性だ。