エンタメ!

裏読みWAVE

蓮・結衣の時代が到来? 赤ちゃんの名前に10年周期 編集委員 小林明

2012/12/14

最後に、名前の読み方の人気ランキング(表5)を見てみよう。

■男子は「はると」、女子は「ゆい」

表5

男子では「はると」、女子では「ゆい」が昨年に続いて1位。ともに根強い人気を示している。

ただ、最近の傾向として、本来の読みにはない「当て字」が多いため、読み方を想像しにくい名前が増えているのも事実。音や響きやリズムを重視し、好みの漢字を、後から当てはめるという名前の付け方が流行しているのだ。当てはめる漢字にも、特に人気が集中するものがあるだけに、混乱を招く可能性がある。

■悠人は「はると」?「ゆうと」?

例えば、男子の名前の読み方で1位と2位になった「はると」と「ゆうと」。

当てはめる漢字で多いものをそれぞれ10個ずつ並べると、どちらにも「悠人」「悠翔」が入っているのが分かる(表6)。つまり、「悠人」や「悠翔」は、「はると」とも「ゆうと」とも読めてしまうというわけ。これ以外でも、「悠斗」や「悠仁」も、「はると」とも「ゆうと」とも読めてしまう。いずれも、人気が高くて数が多い名前だけに、周囲が混乱する恐れがある。

表6

そもそも、表1の男子の人気ランキングの3位に入った「大翔」にも「ひろと」「たいが」「はると」「やまと」などと様々な読み方がある。一見して、どう読んだらいいのか迷うことが多い。

女子でも、表2の人気ランキングで2位に入った「陽菜」には「ひな」「はるな」「ひなた」、同3位に入った「結菜」には「ゆな」「ゆいな」「ゆうな」、同4位に入った「結愛」には「ゆあ」「ゆうあ」「ゆいな」などと様々な読みがある。

流行を追いつつ、個性的な名前を付けたい――。背景には、こんな切なる親心があるのだろう。

結局、両親や本人に読み方を確認しなければ名前が読めないという状況は、今後もまだまだ続きそうだ。

読者の皆様のコメントを募集しています。コメントはこちらの投稿フォームから

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL