畑で自己実現 女性が埋める農村の跡継ぎ不足

不安定な収入や重労働のイメージで語られることの多い農業を、自らの仕事に選ぶ女性たちがいる。農村は跡継ぎ不足が深刻。その間隙を埋めるように、従来の常識に縛られない新たな発想で農業に取り組む女性たちが根付き始めている。
育てた作物を手に笑顔の「ひょうごアグリプリンセスの会」のメンバー(神戸市北区)

 「ひょうごアグリプリンセスの会」。兵庫県内で新規就農した女性の農業経営者が集まって昨年5月に発足した。最初は5人だったが、現在は10人に増えた。生産のノウハウなど情報交換に加え、今年3月からは月1度、野菜の直売会を開催。女性が作った野菜への関心は高く、評判は上々だ。

メンバーで兵庫県明石市に住む浅川元子さん(45)は2012年に就農した。20年近く営業としてバリバリ働いたが、「自分の納得できるものを作って売りたい」との思いは働くほどに強まった。地元行政の駅前講座で農業のイロハを習い、道が開けたと感じた。農業は大変だと知人に止められたが「仕事はみんな大変」と割り切った。

独身。農業で食べていく決意だ。7年の長期計画を立てて臨んだが1年目は赤字。2年目は販売する直売所を1カ所から、より神戸の中心部に近い3カ所に増やして販売量を確保、赤字は免れた。それでも年間売り上げは100万円強。就農に伴う給付金になお頼っている。「まだ、目標の収量に達していない。技術を磨き、生産量と単価を引き上げないと」。目標の売り上げ倍増へ、朝5時起きで畑に通う日々が続く。

夫は会社員で妻は農業。そんな新しい形の共働きのメンバーもいる。神戸市中心部に住む森本聖子さん(35)もその一人。昨年六甲山の北側の農村地帯に農地を借り、イチゴやトマトの生産を始めた。前職は旅行会社。嫌いな仕事ではなかったが、急な休日出勤や産後の休暇が十分取れないことに不満があった。「子どもが生まれても、農業なら最低限の管理で続けられる。定年もない。働き続けたいと考える女性にふさわしい仕事なのでは」と話す。

農村には若い女性が少ない。祭りや草刈り、運動会。森本さんは地域の催しに欠かさず参加する。農村に根付くには、まず信頼醸成が大切だ。協力を惜しまぬことで、農地近くの空き家を割安に買えた。より広く、条件の良い農地を借りて規模を大きくしたい。「会社員の収入を農業で得られたときが成功だと思う」