翼を持った天才レスラー飯伏幸太、未来に羽ばたけ

「飯伏(いぶし)、好きなことをやれ!」

3月21日に開かれた、DDT両国国技館大会。復帰戦を闘い終えた飯伏幸太選手に向けて高木三四郎社長が力強く叫びました。

頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアで無期限欠場していた飯伏選手が、ダブルで所属していたDDTと新日本プロレスリングの同時退団を発表したのが2月22日。そこからは「飯伏プロレス研究所」なる謎の組織の所長として活動を開始しています。

両国国技館の通路出入り口の上から「ラ・ケブラーダ」で飛ぶ飯伏選手(以下、写真は苅谷直政)

華やかな活躍の裏で2団体所属の重圧から心身ともに負担が積み重なり、欠場中は引退も考えるほど思い詰めていたそうです。それでもどうにかプロレスに踏みとどまり、より自由な戦いを求めて退団を決意した飯伏選手を高木社長は快く送り出しました。

DDTプロレスリングは新日本や全日本プロレスといったメジャー団体にルーツを持たない、いわゆるインディー(インディペンデント)の団体です。エンターテインメント性の高い試合でファンを増やし、現在は新日本プロレスに迫る人気を得ています。

飯伏選手の復帰戦は、前半のヤマ場として休憩前に組まれた、はちゃめちゃな3WAYタッグマッチ(注、3チームが同時に闘う)でした。国技館全体を縦横無尽に動き回り、階段から転がり落ち、トイレの個室でパイルドライバー(脳天くい打ち)が決まったかと思えば、リング周辺では自転車に乗った追いかけっこが繰り広げられています。そんな混沌を制したのは飯伏選手の必殺技、フェニックス・スプラッシュでした。今回描かせていただいたイラストもこの技がモチーフとなっています。先日亡くなったハヤブサ選手が使い始めた難易度の高い華麗な飛び技です。

試合を終え、飯伏幸太選手(左)をたたえるDDTの高木三四郎社長
元横綱の曙選手が「男色ディーノ」選手に「男色パイルドライバー」を決める

この日はそれ以外にも、スーパー・ササダンゴ・マシン選手による話題の「煽(あお)りパワーポイント」や、タレントのLiLiCoさんにレジェンドの藤波辰爾選手、大相撲元横綱の曙選手の登場もあり、来場者の楽しみどころが何重にも用意された濃厚な大会でした。そして正式開始前のダークマッチを含め全14試合、総勢75選手が出場するロングランの興行を締めくくったのは、木高(こだか)イサミ選手対HARASHIMA選手の実力者同士によるタイトルマッチでした。団体にこれだけの力がついている今なら大丈夫。その確信があったからこそ、飯伏選手を手放す立場の高木社長も決断できたのだと思います。

木高イサミ選手(右)にトップロープから飛ぶ「スワンダイブ式蒼魔刀(そうまとう)」を決める、DDTのエース、HARASHIMA選手
エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧