アップル、小型・低価格のiPhone SEを31日発売iPad ProとWatchの新モデルも登場

米カリフォルニア州クパチーノ市で開催された米アップルの発表会で登場した新型iPhone SE(写真:磯修)
米カリフォルニア州クパチーノ市で開催された米アップルの発表会で登場した新型iPhone SE(写真:磯修)
日経トレンディネット

アップルは2016年3月21日(現地時間)、小型ディスプレーを搭載する「iPhone SE」と、iPad Airと同じ9.7インチディスプレーを搭載する「9.7インチiPad Pro」を発表した。どちらも3月24日に予約を開始し、31日に発売する。

iPhone SEの発表会の様子(写真:磯修)

小型だが高性能の「iPhone SE」

アップルが2016年3月31日に発売する4インチディスプレー搭載「iPhone SE」。iPhone 5sと同じ大きさだが、iPhone 6sと同等の処理能力を持つという(写真:磯修)
カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色をラインアップ。直販価格は16GBモデルが5万2800円(税抜き)、64GBモデルが6万4800円(同)

iPhone SEは、最新機種「iPhone 6s」と同じCPU(M9モーションコプロセッサ統合型64ビットA9チップ)を採用した高性能モデル。4K動画撮影も可能な「iSightカメラ」(有効約1200万画素)、指紋センサー「Touch ID」などを搭載する。

NFC(近距離無線通信)にも対応しており、米国や英国、カナダ、オーストラリア、中国ではアップルの決済サービス「Apple Pay」も利用できる。

iPhone SEは、「iPhone 5s」と同じく、小型の4インチRetinaディスプレー(640×1136ドット)を搭載する。本体サイズはiPhone 5sと同じ(幅58.6×高さ123.8×厚さ7.6mm)。重さはiPhone 5sが約112gなのに対し、わずかに約1g重い約113gとなっている。

処理能力はiPhone 6sとまったく同等で、CPUの処理能力はiPhone 5sの約2倍、グラフィック描画性能は同じく約3倍を実現しているという。音楽再生で約50時間(5sは約40時間)、動画再生で約13時間(同約10時間)、3G通話で約14時間(同約10時間)など、バッテリー駆動時間もiPhone 5sに比べて向上しているとのことだ。

CPUの処理能力はiPhone 5sの約2倍
グラフィック描画性能はiPhone 5sの約3倍

iPhone SEは世界各国で利用可能な最高約150Mbps(ビット/秒)のLTE通信機能を内蔵しており、3Gに比べて通話品質を向上した「VoLTE(Voice over LTE)」にも対応。IEEE802.11ac対応(最高約433Mbps)のWi-Fi機能も内蔵する。

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色をラインアップする。直販価格は16GBモデルが5万2800円(税抜き)、64GBモデルが6万4800円(同)と、既存のiPhone 6シリーズや6sシリーズよりも低価格。3月31日に北米や日本など12カ国で販売をスタートし、5月末までには110カ国に展開する予定となっている。

画面が進化した小型「iPad Pro」も

アップルが2016年3月31日に発売する9.7インチiPad Pro(直販価格は6万6800円から)

同じく発表された9.7インチiPad Proは、iPad Airシリーズと同じ9.7インチサイズのディスプレーを搭載するモデルだ。従来の12.9インチiPad Proの画面解像度が2732×2048ドットなのに対し、9.7インチモデルは2048×1536ドットとiPad Airと同等の解像度を採用している。

一方、ディスプレーはiPad Air 2より40%反射の少ないものになり、「どのタブレットよりも反射が少ない」とアップルはうたう。さらに、環境光を測るセンサーを使って、周囲の光に合わせてディスプレーの色や明度を自動的に変更。これにより「紙を見ているかのように、画面がより快適に読める」という。

CPUは、12.9インチiPad Proと同じ64ビットアーキテクチャ搭載A9Xチップ(M9コプロセッサ統合型)を採用している。カメラはiPhone 6sやiPhone SEなどに搭載している12メガピクセルiSightカメラを採用。8メガピクセルカメラの12.9インチモデルよりもカメラ性能が向上し、4K動画やLive Photosも撮影できるようになった。フラッシュもiPadシリーズとして初めて搭載された。

また12.9インチiPadと同じく専用スタイラス「Apple Pencil」に対応。4つのスピーカーを搭載し、iPad Airシリーズに比べて音響面も改良されている。

9.7インチiPad Proのサイズは幅169.5×高さ240×厚さ6.1mmで、重さは約437g(Wi-Fiモデル)。サイズと重さはiPad Air 2と全く同じだ。

9.7インチモデルの発売に合わせて、同サイズ向けの専用キーボード「Smart Keyboard」(同1万6800円)も発売する。

9.7インチiPad Proに対応するSmart Keyboard(直販価格1万6800円)

直販価格(税抜き)は以下の通り。Wi-Fiモデルでは、32GBモデルが6万6800円、128GBモデルが8万4800円、256GBモデルが10万2800円。Wi-Fi+Cellularモデルは、32GBモデルが8万4800円、128GBモデルが10万800円、256GBモデルが11万8800円となっている。

Apple Watchはナイロンバンドモデルが新登場

アップルが2016年3月31日に発売する、ナイロンバンドモデルの「Apple Watch Sport」(直販価格は3万6800円から)

Apple Watch Sportの新モデルも発表された。ラバー素材のスポーツバンドに加えて、ナイロン素材のバンドを採用するモデルが登場。直販価格は従来のラバーバンドモデルと同じで、38mmモデルが3万6800円(税抜き)、42mmモデルが4万2800円(同)だ。バンド単体では5800円で買える。

Apple Watch Sportにはナイロン素材のバンドを採用する新モデルが登場(写真:磯修)

(IT・家電ジャーナリスト 安蔵靖志)

[日経トレンディネット2016年3月22日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧