復興に向けてひた走る 仙台、5人の「女性戦士」

東京・新宿歌舞伎町のど真ん中、アミューズメント施設などが入るビル7階のライブホールに足を踏み入れると、目に飛び込んでくるのは黒い壁に張られた巨大な『大漁旗』……。

「格好いい!」

里村明衣子選手を応援する大漁旗(広く。さんが撮影)

東北地方を中心に活動する女子プロレス団体「センダイガールズプロレスリング(仙女)」の選手に地元企業から提供されたものです。今まで見てきたなかでも最高峰の粋(いき)なレスラーの横断幕。選手とそれを支えるファンの「魂」をそこに感じました。

「センダイガールズプロレスリング~あの日を忘れない~」が、東日本大震災から5年目の3月11日に新宿FACEで開催されました。

試合前のあいさつでリングの上に並ぶ仙女所属の5選手。赤いジャージーが4人と、黒いジャージーが1人。その黒い人がなぜか気になります。試合の意気込みを語る新人選手のマイクを突然ひったくり、コーナーポストによじ登って自由気ままにアピールしはじめる黒ジャージーの選手。よく見ると顔に悪魔のような妖しいメークが施されています。そして敵を威嚇するツノなのか、金髪の前髪が額から上に突き出しています。どういうことだ?と思ったら、ぜひ「カサンドラ宮城」で検索してみてください。もう今日から彼女のことが気になって仕方なくなるはずです。カサンドラ選手の暴走(?)により、会場のかしこまった雰囲気が楽しく温かいものに変わりました。ここから試合の始まりです。

センダイガールズは所属選手が5人と、“女性だけの戦隊ヒーロー”みたいだなぁと思います。

リーダーのレッドはもちろん、この日のメーンイベンター、日本女子プロレス界の「横綱」とも称される仙女の代表・里村明衣子(さとむらめいこ)選手で決まりです。

気迫を前面に出して張り手を見舞う、岩田美香選手(中)=以下、写真は苅谷直政
紙テープが舞う中、対戦相手にアピールするカサンドラ宮城選手

ピンクは第1試合に登場した新人の岩田美香(いわたみか)選手。ニックネームは「美仙女」。ルックスもさることながら、鋭い蹴りと試合中の闘志あふれる目が魅力的です。

黒ジャージー=ブラックのカサンドラ選手は激しいヘッドバンギングとともに第3試合のシングルマッチに降臨。長身をいかしたダイナミックなドロップキック、ミサイルキックが得意技です。

セミファイナルでタッグを組んだ橋本千紘(はしもとちひろ)選手とパートナーのDASH・チサコ選手はそれぞれイエローとブルーでしょうか。

コブラツイストを決める橋本千紘選手(右)
アジャ・コング選手の必殺技、裏拳が、DASH・チサコ選手にヒット

橋本選手はアマレス出身のパワーファイター。明るい性格で“センジョファイブ”のムードメーカー的な存在でもあります。

そしてチサコ選手は2006年の仙女旗揚げから支えてきたテクニシャン。対戦相手である大ベテラン、アジャ・コング選手に圧倒的なパワーで押されても押されても跳ね返します。151cmと小柄なチサコ選手の気迫と粘りに圧倒されます。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧