米大作映画がけん引、一気に広がった4Dシアター日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

『ジュラシック・ワールド』 4D版では、恐竜が歩くと席が振動。吐き出す息が水や霧となって劇場内に噴出される(C) 2015 Universal Pictures

映画館で3Dメガネをかけて楽しむ3D映画は、今や映画鑑賞の定番だが、2015年は「4D映画」を楽しめる映画館が急増した。4Dは、映画の場面に合わせて、座席が遊園地のライド系アトラクションのように動いたり、テーマパークの体感シアターのように、風や霧、光、香りなどを出す装置を備えている。映像は2D、3Dのいずれにも対応し、3D版と合わせて上映される場合は、立体的な映像とともに体感を楽しめる。

2015年8月5日公開の『ジュラシック・ワールド』では4D版の満席が続いた。テーマパークが舞台で、登場人物がヘリコプターやライドで場内を回ったり、恐竜から逃げるシーンがある。それが4Dの体感力に合った。

表は15年11月現在で変更の可能性あり。日本の4D館で最も多い4DXの国内入場者数は13年に7万3千人、14年が25万人、15年は5月末で22万2千人と伸び、15年は前年比の倍が見込まれている

4D上映をしたのは合計21スクリーン。2D、3D合わせて353館794スクリーンという大規模で公開された同作ではごく一部だが、その少なさが逆に、人気に火をつけたようだ。この夏の超大作であり、メディアで“夏休みに混雑している地元スポット”として紹介されたこともあって、ツイッターなどの口コミで広がり、4Dが完売する状況が続いた。今作で4Dが全興収に占める割合は約7%で、92億円に対して5億円以上の売り上げをもたらした。

「鑑賞」から「体感」へ

現在、4D映画館には「4DX」と「MX4D」がある。いずれも座席が振動したり、風や光、香りが出るといった、同様の体感が味わえる。海外では、入場料金が上がること、4Dの体感を鑑賞者にほぼ等しく提供するために席数が100から300と少なくなることから、大型の劇場が主流の北米市場ではあまり普及しておらず、今のところ、南米や欧州のほか、中国などアジア圏で広がっている。

現在、全国で4DXを最も多く展開しているのはユナイテッド・シネマで、2014年の東京・豊洲に加えて、15年の終わりまでに、11スクリーンを開設した。

一般に、既存の2D劇場を4Dに改装すると1スクリーン当たり2億円弱の投資が必要とされる。それでも4Dの好調ぶりから、「映画だけでなく、様々なコンテンツにチャレンジしていきたい」(ユナイテッド・シネマ 営業部 梶谷武志氏)と興行界の4Dに対する期待は大きい。同社は2015年12月から、ファンの間で評価が高かった『ジュラシック・ワールド』『ベイマックス』『パシフィック・リム』などを一部劇場でリバイバル上映するなど、さらに4DXの認知を広めるなどの取り組みを実施している。

情報感度の高い層が口コミ

15年4月から4D映画館の運営を始めたTOHOシネマズは、営業中の施設を含め、この冬にMX4Dを合計10スクリーンにまで増やした。同社の劇場でも夏休みは『ジュラシック・ワールド』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のMX4Dの完売状態が続いた。「新宿、六本木という東京の中心に劇場があり、情報感度の高い大人や若者が多く来場するので、彼らの高い口コミ力でMX4Dの人気が高まった」(TOHOシネマズ マーケティング室長の平松義斗氏)。今後、劇場を増やすだけでなく、15年の東京国際映画祭でMX4D版が上映されて好評だった『ガンダムUC ep7』を再上映するなど、4Dコンテンツの拡充にも努めていく。

TOHOシネマズは、MX4Dを『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に向けて、10スクリーンに増やした
今後も「TOHO 4D PROJECT」として、4D作品を積極的に上映する計画。www.tohotheater.jp

そして、2015年末から4D映画館のさらなる普及の原動力になっているのが、公開中の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』だ。同作も4D版が好調だ。「興収100億円超のヒットが見込まれるだけに、今作の売り上げだけで、4Dの投資は回収できてしまうのではないか」(業界関係者)という声もある。公開に合わせて各社が4D映画館の新設を発表しており、15年が建設ラッシュの“4D元年”となった。

(日経エンタテインメント! 白倉資大)

[日経エンタテインメント! 2016年1月号の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧